ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

レッドプラネットホテル
予約は下記から

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 【CM】玉城ティナがオフィスで隠れてスイーツを楽しむOLに!

【CM】玉城ティナがオフィスで隠れてスイーツを楽しむOLに!

2017年5月16日

沖縄出身のモデル・玉城ティナが出演するウェブムービー「オフィススイーツ大作戦」が、5月16日(火)から、グリコのスイーツ飲料「ドロリッチ」ブランドサイトにて公開される。

「ドロリッチ」は、「バニラクリーム&カフェ」と「クリーミーカスタード&ベリー」の2種類のラインナップがあるグリコのスイーツ飲料。

ウェブムービーで玉城は、スイーツが大好きなOL役。上司にバレないように、仕事中にいかにスイーツを食べるかを考えた結果、日常のアイテムをスイーツで作ることを思いつく。

髪の毛をいじりながら食べられる「モンブランウィッグ」、書類を運ぶ際に食べられる「ショルイケーキ」、ファッションアイテムとしても使える「クレープスカーフ」など。数々の失敗を繰り返した彼女は、「飲めばよくない?」と、「ドロリッチ」を口にするというストーリーだ。

出演した玉城は、「スイーツと女の子は切っても切り離せない存在。会社でも、学校でも『甘いものが食べたい!』という思いが絵コンテにかわいく表れているなと思いました」と、ラフ案を見た時の感想を。

劇中で作られた日用品のスイーツに関しては、「どれもものすごく斬新でした。私にとって一番インパクトがあったのは、やはり『モンブランウィッグ』。女の子の執念というか、気合いが感じられて面白かったです」と感想を。

撮影で苦労したことは、「モンブランを照明にぶつけるところ。うまくいったと思っても刺さってしまうし、うまく崩れなくて何回もトライしました。でも、意外と大変そうな『モンブランウィッグ』を食べるシーンは上手にできました! 原宿あたりで『モンブランウィッグ』を真似た人が登場する日が来たら面白いですね」と振り返った。

初のOL役となった玉城の“スイーツにかける執念”を目の当たりにしよう。