ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

レッドプラネットホテル
予約は下記から

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 【音楽】Anlyが10月新ドラマ「科捜研の女」の主題歌を書き下ろし

【音楽】Anlyが10月新ドラマ「科捜研の女」の主題歌を書き下ろし

2017年10月6日

沖縄県・伊江島出身のシンガー・ソングライター、Anlyの新曲「Venus(ヴィーナス)」が、10月19日(木)からスタートドラマ「科捜研の女」(テレビ朝日系)の第17シーズンの主題歌に起用されることが分かった。

Anlyは、沖縄の離島・伊江島出身の、現在20歳のシンガー・ソングライター。最近では、スキマスイッチとのコラボや今夏には「FUJI ROCK FESTIVAL’17」初出演を果たすなど話題を集めている。

「Venus」は、沢口靖子が演じるドラマの主人公・榊マリコをイメージして書き下ろしたという新曲。“明けの明星 = 金星”をキーワードに、鬱屈とした時代を懸命に生きるすべての女性を、遠くから見守り、応援する内容となっている。

楽曲についてAnlyは、「新曲『Venus』の舞台は、街の中。人に囲まれながらも孤独を抱え、自問自答の夜に”ひとりぼっちだ”と感じる。そんな時に、夜明けに1つ残った金星のようにあなたを見守る人が必ずいる。見つめかえしてくれることを待っている。守り守られ今を生きている私たちを『Venus』と呼びました」と楽曲に込めた思いを告白。

そして、「長い間シリーズを続けてこられた沢口靖子さんの力強さや、美しさをサウンドで表現しました。この曲が誰かの心を温かく包み込み、寄り添えますようにと願っています」とコメントした。

それに対して、沢口は「時に、孤独を感じる瞬間ありますよね。でも、必ず誰かが見守ってくれる、そばにいてくれる。Anlyさんの力強くのびやかな歌声と温かいメッセージが、また一歩、歩き続ける力を与えてくれる気がしました。素敵な曲をありがとうございました」と感謝の言葉を寄せた。

Anlyはこの主題歌を期に、ヘアスタイリングを一新。腰まであった自慢のロングヘアをカットし、小学生以来という髪の長さとなった新ビジュアルも公開。

さらに、サウンドプロデュースに、JUJUや西野カナも手掛ける著名な音楽プロデューサーJeff Miyahara(ジェフ・ミヤハラ)を迎えるなど、変化を見せている。

11月29日(水)の発売を前に、10月10日(火)からスタートする自身2度目となる全国ツアー「Anly Live Tour ☆北斗七星☆」でお披露されそうだ。

「Venus」
2017年11月29日(水)発売 初回生産限定盤(CD+DVD)1,500円、通常盤(CD)1,200円(いずれも税込) ソニー・ミュージックレコーズ

「Anly Live Tour 2017 ☆北斗七星☆」
2017年10月10日(火) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2nd
2017年10月11日(水) 栃木・宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2
2017年10月14日(土) 福岡・福岡Queblick
2017年10月15日(日) 広島・広島BACK BEAT
2017年10月19日(木) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
2017年10月20日(金) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
2017年10月24日(火) 東京・渋谷CLUB QUATTRO

追加公演「Anly Live Tour ☆ 北斗七星 ☆ Special Unplugged Live」
2017年10月29日(日) 沖縄・桜坂セントラル