ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 沖縄でのビジネスを教えるエッセイ本誕生

沖縄でのビジネスを教えるエッセイ本誕生

2018年3月23日

沖縄・宜野湾市出身で、アジア向けのビジネスを手掛ける伊波守氏の著書「アジアビジネスから学ぶ 人生の曲がり角をうまく曲がる方法」(ボーダーインク)が発売中。

同書は、沖縄地域での“ビジネス感”を綴ったエッセイ集。伊波氏はアメリカのテネシー州立大学を卒業後、沖縄で、建築用商材を開発・OEM販売をするGHS沖縄株式会社を立ち上げた。

東南アジア諸国との貿易を進める上で培ってきたビジネス感やセンスを、伊波氏なりの言葉で認めている。

伊波氏の少年時代の話が書かれた「私の“ニーグイ”(根っこ)」と題された「はじめに」からスタートし、「第1章 華僑にみるビジネスのかたち」「第2章 人生の曲がり角をうまく曲がる」「第3章 自分の『スクブン』を知る」「第4章 鉄メダルを目指せ!」「第5章 ビジネスの原材料」「第6章 仮説設定法で考えるビジネス」の構成。

「アジアビジネスから学ぶ」というタイトルだけで、“アジアなんて自分には関係ない”と思うなかれ。もちろんアジア諸国とのビジネスに関する記述もあるが、後半は沖縄での企業やビジネスマンとしての基本的な心構えや仕事に対する姿勢などを紹介。

先を見通すために自分の人生のある期間を切り取ってその期間の変化を把握する手法を教え、常に心身ともに若くあるために何かに夢中になることを勧め、最後に、これからの経営者のあるべき姿勢を説く。

ビジネスマンの入門書としても手に取りたい1冊となっている。

「アジアビジネスから学ぶ 人生の曲がり角をうまく曲がる方法」
発売中 1,296円(税込) ボーダーインク