ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 「モンパチハタチ」の楽曲第2弾「太陽雨」がリリース

「モンパチハタチ」の楽曲第2弾「太陽雨」がリリース

2018年6月10日

沖縄出身のバンド・MONGOL800は、20周年企画の1つとして、6月8日、シングル「太陽雨(たいようあめ)」をリリース。同曲は、沖縄の地方銀行「琉球銀行」の創立70周年記念のテーマソングに決定している。

同曲は、4月から隔月で新曲を3曲連続で配信する企画「モンパチハタチ」の配信楽曲第1弾「Endlesssummer」に続く、楽曲第2弾。今曲も、モンパチらしい、疾走感溢れるロックナンバーに仕上がっている。

「太陽雨」の制作にあたり、MONGOL800のボーカル&ベース・上江洌清作は「『太陽雨』という表現は沖縄独特のもので、お天気(晴天)なのに降る雨ということから、一般的には『お天気雨』と言われています。沖縄は昔から雨量が少なく雨水に頼る生活で、雨を大事に思う文化が他府県に比べて強く根付いています」と、沖縄ならではの事情が制作の背景にあったことを言及。

また、「一見、ネガティブな印象を受ける『雨』というワードですが、『恵みの雨』『雨降って地固まる』というように、乾いた土地、大地に潤いや恩恵を与える大事な要素であり、人間にも必要不可欠な要素。雨は天からの贈り物 晴れ間に降り注ぐ『太陽雨』の後には、高確率で幸運の象徴である虹を見ることができます。今作は、雨を憂うような逆説的なメッセージを用いることで、苦楽を歩んできた沖縄や琉球銀行の道のりを重ね、さらに前を向いて歩んでいけるようなエネルギーに変わる力強い応援ソングとなるような楽曲にしたいと思い、制作しました」とコメントを寄せた。

第3弾は、8月8日(水)にリリース予定。現在、全国47都道府県を周る「GO ON AS YOU ARE Tour 2018」を行なっている彼らの今後の活動にも注目が集まる。