ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 沖縄出身のラッパー・Rude-αのデジタルシングルがリリース決定!

沖縄出身のラッパー・Rude-αのデジタルシングルがリリース決定!

2018年8月16日

沖縄出身のラッパー・Rude-α(ルードアルファ)は、9月5日(水)、約半年ぶりとなる新作デジタルシングル「Take me back」をリリースする。

Rude-αは、沖縄・沖縄市出身のラッパー。高校1年の時からストリートダンスを始め、各種ダンスバトルやイベントに出演。2015年6月1st EP『098 ORCHESTRA』をリリースし、沖縄限定発売ながら2,000枚を完売。その翌年、東京に拠点を移し、今年2月、上京後初となる待望の新作EP『20』を発表した。

そんなRude-αが、待望のデジタルシングル「Take me back」をリリース。夏の終わりにふさわしい、ダンサブルな大人のラブソングとなっている。

リリース決定にあたり、Rude-αは「沖縄のコザで生まれて、東京に出てくるまで18年間をそこで過ごしたんですけど、いつも街のあちこちから最高のソウルミュージックが流れていて、僕たちはそんな音楽に合わせてダンスしたり、ラップしたり。僕の中に流れているそんなソウルミュージックを、自分なりの形にしてみました」と思いを告白。

そして、「歌詞は、たった一言の言葉で彼女に呆れられて捨てられてしまった男の後悔の話です。彼女が泣いていたことを今更知って、電話をかけるけど留守番電話。メッセージを残しても返事が返ってくることはない。もう一度だけでいいから自分の元に戻って来てほしいっていう気持ちを歌にしています。歌詞のテーマと曲調がうまく混ざっていて、踊れる曲になっていると思います。僕自身ラブソングをリリースするのは初めてなので、是非沢山の人に聴いてほしいです!!」とコメントした。

10月には、自身初のワンマンライブ「Rude-α 1st one man live“21”」を開催するRude-α。沖縄の地から生まれた魂の言葉に触れよう。

デジタルシングル「Take me back」
2018年9月5日(水) TEEDA/SPACE SHOWER MUSIC

「Rude-α 1st one man live“21”」
2018年10月24日(水) 18:15開場/19:00開演  前売り券3,000円 東京・渋谷WWWにて開催
2018年10月26日(金) 18:30開場/19:00開演  前売り券3,000円 大阪・心斎橋CONPASSにて開催