ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 「いつかしたいなーっ」内田理央が“沖縄リゾ婚”への思い告白

「いつかしたいなーっ」内田理央が“沖縄リゾ婚”への思い告白

2018年8月23日

国内リゾート婚情報を紹介する「ゼクシィ国内リゾートウエディング」(リクルートマーケティングパートナーズ)の「2018 Autumn & Winter」が、8月23日(木)に発売。沖縄大特集号となるその表紙を、女優・内田理央が飾る。

「ゼクシィ国内リゾートウエディング」は、国内のリゾート地で結婚式を挙げるカップルに有効な情報が紹介されている情報誌。沖縄大特集号となる今回は、沖縄で結婚式を挙げた先輩花嫁が、沖縄婚のいいところやアドバイスなどを語り尽くした別冊付き。

ほか、国内リゾート婚の準備・段取りや、予算に関する疑問を解消する費用明細の分析、気になる軽井沢や信州アルプスでのウエディング密着取材も紹介。水に浮かべるとかわいい浮き輪形ドリンクホルダー2個が付録となっている。

表紙には、“だーりお”こと内田理央が「ゼクシィ国内リゾートウエディング」に初登場。インタビューでは、撮影の様子や結婚観などを語った。

沖縄は何度も撮影で訪れているという内田。今回、ウエディングということで「ハッピーに行こう!」と撮影に臨んだそう。

沖縄では同誌編集部スタッフと一緒にサッカーを観戦し、沖縄料理を堪能。撮影時以外でもハッピーがいっぱいの時間を過ごせたそうで、「すごく素敵なチームで、思い出もたくさんできました」とコメントした。

撮影では南国のリゾートが似合う柔らかな笑顔で、沖縄婚の魅力を存分に披露。ビーチ、チャペル、恋愛パワースポットなど沖縄らしいスポットを巡り、新婚の2人にハッピー度満点の沖縄ウエディングストーリーを提案している。

そして、内田に理想の結婚式について聞くと、少人数のゲストと挙げるカジュアルな結婚式に憧れているという。また、「ビーチウエディングもガーデンウエディングも興味があります。いつかしたいなーっていう憧れはかなりありますが、結婚願望は正直いうと、まだあまりないです」と回答。

撮影で着用したドレスは3パターン。ビーチに映える総レースのミニドレスは、「沖縄の空と海の下で開放的にヘルシーに着るのが素敵だと思います」とドレス選びへのアドバイスも。

ウエディングフォトに最適な恋愛パワースポットもおすすめしている今号。内田自身も「夫婦福木」と呼ばれる二つの巨木がくっついた夫婦円満のシンボル福木や、「ハートロック」と呼ばれる古宇利島のハート型の岩など、沖縄の縁起の良いスポットを訪問した。

パワースポット巡りが大好きな内田は、「夫婦福木」へ続くフクギ並木の神秘的な魅力に感動したそう。「素敵な景色の場所では、恥ずかしがらずに写真を撮っておくと思い出になりますよね。皆さんが大好きな人とハッピーな時間がすごせますように」とメッセージを披露した。

沖縄でのウエディングや新婚旅行にぴったりの情報が綴られる今回の「ゼクシィ国内リゾートウエディング」。カップルでの旅行の参考にもなりそうだ。

「ゼクシィ国内リゾートウエディング『2018 Autumn & Winter』」
2018年8月23日(木)発売 500円(税込) リクルートマーケティングパートナーズ