ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 末吉公園の自然を満喫できるガイドブック誕生!

末吉公園の自然を満喫できるガイドブック誕生!

2019年6月29日

沖縄・那覇市の末吉公園には、市内では珍しく自然が多く残る場所。そんな末吉公園の自然を、写真とともに非常に分かりやすい1冊にまとめた書籍「那覇・末吉公園を歩く 楽しい植物ウォッチング」(ボーダーインク)が発売中。

末吉公園の植物を単純に学ぶだけではないのが、本書の特徴。導入の「末吉公園ってどんなところ?」という章で、公園内を東西に流れる安謝川を境に北と南に分けられる地形と地質を学習。また、歴史とともに、敷地内にある琉球八社の一つ・末吉宮もしっかりとレポートしている。

第2章は、末吉公園をA〜Pの16のエリアに分け、実際の写真とともに、そこで見られる植物を一つ一つ紹介。例えば、安謝川にかかる滝見橋へ向かう階段付近には、アカギ、フクギなどが見られるが、それぞれ写真と各植物のイラストとともに、各ページにその特徴が描かれている。まさに、この本を片手に実際に歩いて、実際の植物を見てみたい衝動にかられる。

巻末にある、末吉公園で見られる238種の植物を紹介した「ミニ図鑑」、花壇に植えられた「花とハーブの図鑑」も掲載されており、オールカラーで眺めているだけでも楽しい。

そして、巻頭の「知っておきたい植物用語」にルビが振られているため、子供の自由研究などでも活用できるのと、「まずはしっかり覚えよう30種」と題して、アコウやガジュマル、月桃(げっとう)、クワズイモなど、沖縄を代表する植物が分かる仕掛けになっている。

発刊を記念して、6月30日(日)と7月20日(土)の2日目、書籍の著者である「身近な植物を見る会」による「植物観察会」を開催。同書の地図を使って著者が園内を案内し、同書の見方や楽しみ方を伝授する。

次の休み、書店で本書を購入した足で、ぜひ末吉公園を歩いてみよう。

「那覇・末吉公園を歩く 楽しい植物ウォッチング」
発売中 1,800円(税別) ボーダーインク

【発刊記念観察会】
「末吉公園で楽しい植物観察会」
2019年6月30日(日) 10:00〜12:00 無料 沖縄・那覇市「末吉公園」にて開催
2019年7月20日(土) 14:00〜16:00 無料 沖縄・那覇市「末吉公園」にて開催
※受付開始は各30分前
※集合場所は末吉公園内「森の家みんみん」
※募集人員:各30人
※当日は同書も販売予定