ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 原作コミックから飛び出した実写版“生理ちゃん”の全貌公開!

原作コミックから飛び出した実写版“生理ちゃん”の全貌公開!

2019年7月8日

(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

沖縄出身の女優・二階堂ふみが主演する映画『生理ちゃん』が11月8日(金)から公開されることが決定した。

「生理ちゃん」は、今まで取り上げられることの少なかった「生理」をポップに擬人化し、手塚治虫文化賞短編賞を受賞した小山健の話題作。WEBメディア「オモコロ」で連載開始後、女性たちから「共感しかない!」と反響を呼び、累計1,000万PV超えを果たして2018年6月に書籍化された。さらに、早くも今年の7月に第2巻「生理ちゃん 2日目」の発売が発表されている。

このたび、その実写映画が11月8日から公開されることが決定し、さらに、シーンカットが発表された。

(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

二階堂が演じるのは、女性ファッション誌の編集部でバリバリ働く主人公・青子。青子は、仕事中でもデート中でも容赦なくやって来る“生理ちゃん”を常に背負いながら、何気ない顔でやり過ごすしかなかった。そんな煩わしい生理ちゃんだが、悩んだ時や迷った時も青子の一番そばにいてくれる存在だった。

(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

そして、伊藤沙莉がもう一人の主人公・りほを演じる。りほは、青子の働く編集部で清掃のバイトをしていた。人生を半ば諦めているりほは、SNSで毒のある言葉を立て続けに投稿している。そんなりほにも生理ちゃんは容赦なくやって来る。

(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

ほか、青子の妹で受験生のひかる(松風理咲)など、生理ちゃんたちは女性たちにそれぞれ寄り添う。

(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

原作ファンの期待を裏切らない生理ちゃんたちの実写姿に注目だ。

(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

『生理ちゃん』
2019年11月8日(金) 東京・ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開