ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 沖縄×空手×アイドルの異色ドラマがオンエア!

沖縄×空手×アイドルの異色ドラマがオンエア!

2020年1月15日

宮城千鶴(眞境名あすか)/©QAB

琉球朝日放送(QAB)にて、1月20日(月)、ドラマ「TERAKA〜始まりの型〜」が放送される。

「TERAKA〜始まりの型〜」は、沖縄から発信される、空手とアイドルをテーマにしたスペシャルドラマ。8月に行われる東京オリンピックで「空手」が正式種目に採用され、今後世界的に「空手」への関心が高まることを期待して企画された。

沖縄を舞台に、売れっ子アイドルを目指す女の子たちの成長劇を、色彩豊かな4Kならではの表現力で魅せる青春アイドル物語。沖縄発祥の空手をモチーフに、躍動する女子たちのライブパフォーマンスと空手を取り入れたアクションシーンを、4Kの魅力とともに描いていく。

舞台は、沖縄伝統空手を教える宮城道場。かつては栄華を極めたが、現在は門下生がまったくいない状態だった。そんなつぶれかけの宮城道場の一人娘・宮城千鶴(眞境名あすか)は、道場再建のため、売れないローカルアイドルをしていた金城明日華(棚原里帆)と山城美希(綾聖)に誘われ、琉球空手アイドル「TERAKA」を結成。

金城明日華(棚原里帆)/©QAB

山城美希(綾聖)/©QAB

一方、琉球明日放送(QATV)の記者・島あかり(山内千草)は、デビューへ向けて稽古に励むTERAKAの3人の成長をカメラで追い続ける。

島あかり(山内千草)/©QAB

そんなある日、デビューを目指す千鶴たちのもとに、沖縄の暴力団・琉獄會の上地一神(岸本尚泰)とその一味が現れる。一神は、己の恨みを晴らすために宮城道場の館長であり千鶴の父・宮城清和(八木明人)を執拗に狙う。

上地一神(岸本尚泰)/©QAB

宮城清和(八木明人)/©QAB

悪の手が忍び寄る中、QATVでの生放送によるTERAKAのデビューライブの時が近づいていた。

演劇団体・演撃戦隊ジャスプレッソの女優として活躍する眞境名をはじめ、実際にアイドルグループ・colorsとして活躍する棚原や、OBPのメンバー・綾聖の3人によるTERAKAによる楽曲「クレージードリーマー」が主題歌に決定するなど、ドラマ本編以外にも見どころが詰まった内容になっている。

「TERAKA〜始まりの型〜」
2020年1月20日(月) 19:00〜19:55 琉球朝日放送(QAB)にて放送