ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 【DVD】沖縄県の地域発信型映画を集めたDVDがリリース!

【DVD】沖縄県の地域発信型映画を集めたDVDがリリース!

2015年2月25日

地域_sell

第4回から第6回の「沖縄国際映画祭」で上映された、沖縄を舞台にした“地域発信型映画”を集めたDVD「地域発信型映画 あなたの町から日本中を元気にする! 沖縄国際映画祭出品 短編作品集 Vol.4」が、3月4日(水)に発売される。

「地域発信型映画」は、自分たちが住む街のさまざまな魅力を全国に伝え、地域を活性化させたいという地元への熱い思いを、映画を通して実現するプロジェクト。

「地域発信型映画 あなたの町から日本中を元気にする! 沖縄国際映画祭出品 短編作品集 Vol.4」には、沖縄を舞台にした短編8作品を収録。

1本目は、糸満市を舞台にした映画『税金サイボーグ・イトマン』。ガレッジセールのゴリがメガホンを取り、船木壱輝、比嘉ニッコらが出演。糸満市の平和のために多額の税金を投入して作られたサイボーグ“税金サイボーグ・イトマン”がイトマン美人連続誘拐事件を解決する。

『税金サイボーグ・イトマン』/(C)いちまん映画実行委員会

『税金サイボーグ・イトマン』/(C)いちまん映画実行委員会

また、北谷町(ちゃたんちょう)を舞台にした映画『沖縄語(うちなーぐち)』では、ミュージシャンの照屋林賢が監督。その照屋のほか、木版画家・名嘉睦稔(なか・ぼくねん)氏、琉球大学教授の高良倉吉氏らへのインタビューにより、沖縄の言葉の歴史や意義を浮き彫りにしていく。

『沖縄語(うちなーぐち)』/(C)2013「沖縄語(うちなーぐち)製作委員会」

『沖縄語(うちなーぐち)』/(C)2013「沖縄語(うちなーぐち)製作委員会」

宜野湾市を舞台にした『ジノーン・シチュン』は、同市に伝わる“羽衣伝説”を現代版にアレンジした物語。

『ジノーン・シチュン』/(C)2013「ジノーン・シチュン」製作委員会

『ジノーン・シチュン』/(C)2013「ジノーン・シチュン」製作委員会

今帰仁村(なきじんそん)が舞台の『わらいのかみさま』は、ハリガネロック・ユウキロック主演で、笑いで病気を治すという不思議なプロジェクトに噛むある芸人の話を綴る。

『わらいのかみさま』/(C)2013「わらいのかみさま」製作委員会

『わらいのかみさま』/(C)2013「わらいのかみさま」製作委員会

『那覇 NAHA なーふぁ!』は、ガレッジセール・川田らが出演し、那覇市が舞台のオムニバス3編を送る。

『那覇 NAHA なーふぁ!』/(C)2014「那覇 NAHA なーふぁ!」製作委員会

『那覇 NAHA なーふぁ!』/(C)2014「那覇 NAHA なーふぁ!」製作委員会

そして、浦添市は『たま子とチョーチカーの呪文』。玉城朝薫の一番弟子である末裔の小学生が、マジムン(妖怪)退治に立ち上がる。

『たま子とチョーチカーの呪文』/(C)2014「たま子とチョーチカーの呪文」製作委員会

『たま子とチョーチカーの呪文』/(C)2014「たま子とチョーチカーの呪文」製作委員会

沖縄市は女優・橋本真実&ゴリ監督で『ロクな人生』を製作。出版社に務める新人ライターの沖縄珍道中を描く。

『ロクな人生』/(C)2014「ロクな人生」製作委員会

『ロクな人生』/(C)2014「ロクな人生」製作委員会

8作目は、ボーナストラックとして、宮古島市の『一粒の種〜真太陽の島の大合唱〜』を収録。ある末期がん患者が残した言葉を基に、宮古島出身の歌手・砂川恵理歌と336人が合唱を完成させる1日に密着する。

『一粒の種〜真太陽の島の大合唱〜』/(C)2011宮古島映画「一粒の種」

『一粒の種〜真太陽の島の大合唱〜』/(C)2011宮古島映画「一粒の種」

3月25日(水)からスタートする「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」。今年はどんな地域発信型映画が誕生するのか、楽しみだ。

「地域発信型映画 あなたの町から日本中を元気にする! 沖縄国際映画祭出品 短編作品集 Vol.4」
2015年3月4日(水) 4104円(税込) よしもとアール・アンド・シー