ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 【映画】元女子学徒隊の証言を基に綴ったドキュメンタリー映画『17才の別れ』が公開

【映画】元女子学徒隊の証言を基に綴ったドキュメンタリー映画『17才の別れ』が公開

2015年5月9日

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

日本で唯一地上戦を繰り広げた、第二次世界大戦の沖縄戦の状況を、証言を基に綴るドキュメンタリー映画『17才の別れ』が、5月9日(土)より、東京・渋谷の映画館「アップリンク」にて上映中。

同作は、1945年当時、沖縄県立首里高等女学校の4年で、現在の南風原町(はえばるちょう)にあるナゲーラ壕に勤務した宮城巳知子さんが、「瑞泉学徒隊」として経験した戦争を語るドキュメンタリー。再現映像では、映画初出演となる沖縄の高校生・嘉数ゆいが、砲弾の中を逃げ惑う女子高生を演じている。

1945年3月、宮城巳知子さんら県立首里高等女学校の生徒61人が、女子学徒隊として徴兵された。

当時、日本軍大本営の命令のもと、沖縄戦線日本軍負傷兵看護を目的として、女学生たちは「徴兵」されたのだった。「出兵」までのわずか数週間で女学生が従軍看護要員「瑞泉学徒隊」になっていく。

ただ、50万人以上というアメリカ軍に対して、日本軍はわずか12万人足らず。しかも既に本土からの軍事物資の補給も食料の輸送も途絶えていた。海上を埋め尽くす連合国軍艦の艦砲射撃、空からはグラマン機による機銃掃射、陸上には縦横無尽に走り回るアメリカ軍戦車、アメリカ軍戦車と兵士による火炎放射。沖縄の緑豊かな大地は、みるみるうちに焦土と化す。

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

負傷兵と瑞泉学徒隊の女学生たちは、雨のように降る砲弾、迫り来る戦車と火炎放射を避けて逃げ惑う。昼は壕の中で息を潜め、闇を縫っては水を汲み、食料を探す日々が続いた。看護班だった宮城さんらは、助かる可能性のない重傷兵に毒の入った注射を打って永久に眠らせよと軍医に命令される。宮城さん曰くまさに「悪夢の日々」だ。

戦争が終わると、61人いた友が、半数以下の28人になっていた。九死に一生を得た宮城さんは、小学校の教諭となり、結婚して子どもたちにも恵まれたが、これまで、自身の体験を他人に語ることができなかった。

受けた衝撃が大きく口を開くには余りにも重すぎたということと、生き残ったほかの学徒隊員への配慮もあったという。

そんな彼女が初めてそのことを人前で話せたのは、定年退職後の1989年、63才の時だった。家族に「友達の死が知られないでいるのが悔しい。悲しいんだよ。二度とあのようなことがあってはならない」と思い、悲惨な体験を伝えることに使命を感じ始める。

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

それからは、集会や学校に招かれて自身の体験を話し続け、講演は修学旅行生たちへのものなどを含めて300回を超す。ただ、宮城さんは現在88才となり、体力も衰え、人前で語ることが難しくなっている。

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

(C)2015 SIZE All Rights Reserved

圧倒的な戦力で襲いかかるアメリカ軍。翻弄される沖縄県民。そんな中で17才の少女たちは何を思って看護に当たっていたのか。宮城さんの話と、彼女たちが逃げ惑った足跡の風景、沖縄戦線アーカイブス、現代の沖縄の女子高生たちの瑞々しい姿を通して、継承していくべき沖縄戦の真実をあぶり出し、人が生きるとはどういうことなのかを浮き彫りにしていく。

5125_sub_946554dc01aefed55.972907035125_sub_486554dc01b4b8616.53179512

映画『17才の別れ』
東京・渋谷の映画館「アップリンク」1階「FACTORY」にて上映中
【料金】
一般1,500円/学生1,300円(平日学割1,100円)/シニア1,100円/UPLINK会員1,000円/高校生以下800円
【作品分数】
111分

映画『17才の別れ』公式サイト