ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 【映画】ホラー映画上映イベント「琉球トラウマナイト」が今年も開催

【映画】ホラー映画上映イベント「琉球トラウマナイト」が今年も開催

2015年8月5日

※紹介画像には衝撃的なシーンがあります。閲覧にご注意ください。

5400_main

短編ホラー映画のオムニバス上映イベント「琉球トラウマナイト」が、9月18日(金)と9月26日(土)、9月27日(日)の3日間、沖縄市のコザミュージックタウン音市場、那覇市のライブバーバンターハウスにて開催される。

「琉球トラウマナイト」は、2014年、那覇市のライブハウスを会場に、3日間計6回の上映がいずれも満席となり、好評を博した短編ホラー映画のオムニバス上映イベント。「テレビでは流せない沖縄のホラー映画」をコンセプトに、沖縄県内で活躍する5人のクリエイターが完全新作のホラー映画を製作する。

2014年の上映作品はすべてがDVD化されるなど、県内の映像業界や演劇界、モデル業界を巻き込んで、沖縄にホラーブームを巻き起こした。

今年は会場を那覇市と沖縄市の2カ所に設け、計3日間開催。イベントでは関連作品の販売や、監督、出演者のトークイベントも行われる予定だ。

ダイナマイト平監督の『Last act』は、何者かに妻を殺され、その容疑を掛けられた映画監督・中村が主人公。妻殺害の容疑を掛けられた中村は、ある日、スナッフフィルム(殺人動画)投稿サイトで妻の殺害動画を見つけた。真犯人を見つけ、恨みを晴らすため、中村は大きな懸けに出る。

「Last act」

「Last act」

田渕研路監督は、ある目的のために演劇を続ける女子高生の奈々たちの様子を綴る『NULL』を、名嘉真崇介監督は、人肉を肥料にサトウキビを作る名人・ウージオジーの姿を追う『ウージオジー』を、木村守監督は、路地裏で「生きた段ボール箱」を中心に交錯する3人の人生を描く『箱』を、久野敦海監督は、大学時代の約束を果たそうとする4人の若者を映す『約束』などを上映する。

『NULL』

『NULL』

『箱』

『箱』

『箱』

『箱』

『約束』

『約束』

今年も真夏の沖縄を涼しくする良作が揃った。

「琉球トラウマナイト2015」
2015年9月18日(金) 18:30開場/19:00上映 沖縄市・コザミュージックタウン音市場
2015年9月26日(土)、9月27日(日) 第1回:13:30開場/14:00上映、第2回:18:30開場/19:00上映 那覇市・ライブバーバンターハウス
前売券1500円、当日券2000円(ワンドリンク制)
※前売券は8月18日(火)より、PROJECT9ホームページと電話(090-6859-5385)にて受付開始