ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 【音楽】平均年齢23.5歳にして結成25周年! 新生ネーネーズがメジャーデビュー決定

【音楽】平均年齢23.5歳にして結成25周年! 新生ネーネーズがメジャーデビュー決定

2015年8月27日

ネーネーズAP

沖縄ポップスを奏でる女性ユニット・ネーネーズが5代目となり、9月30日(水)にリリースするアルバム『reborn(リボーン)』で再びメジャーデビューすることが分かった。

ネーネーズは、沖縄音楽界の重鎮・知名定男プロデュースで1990年に誕生した女性ユニットで、今年で結成25周年となる。メンバーは交代を重ねて、現在は5代目。メンバーは南大東島出身の沖山美鈴、那覇市出身の上原渚、石垣島出身の世持葵(よもち・あおい)、石垣島出身の本村理恵の4人。今回、結成25周年にして平均年齢が23.5歳という不思議な現象となった。

沖山美鈴

沖山美鈴

上原渚

上原渚

世持葵

世持葵

本村理恵

本村理恵

若いながらも、那覇・国際通りにあるホームグラウンド・ライブハウス島唄で、ほぼ毎晩3ステージをこなす、演奏、MCともに貫禄漂う実力派だ。

9月30日にリリースされる今作は、現メンバーによる初レコーディング作品。ネーネーズの公式サイト上でファン投票を実施し、人気上位曲12曲を再録音した。沖縄ポップスのスタンダードナンバーが並び、ネーネーズファンだけでなく、沖縄音楽の入門的作品としても楽しめる。

F1-4_CS-OTF

メジャーデビューに当たり、メンバーは「25年という歴史あるネーネーズの名に恥じないよう、いつも応援してくださっている皆様にも、新しくファンになってくださった皆様にも、これからもずっとかわいがっていただけるよう、唄に、ステージに、益々邁進し、皆さんから『ネーネーズに会いに沖縄に行こう!』と思っていただけるよう頑張ります」と決意を新たにした。

知名作詞作曲の「明けもどろ」から幕開けし、ゲストとしても参加しているSAKISHIMA meetingの「SAKISHIMAのテーマ」、桑田佳祐が作詞作曲に携わった「平和の琉歌」、知名も思い入れの深い「山河、今は遠く」など名曲がズラリ。

平均年齢23.5歳の4人が沖縄ポップスを全国に届ける。

『reborn(リボーン)』
2015年9月30日(水) 3,240円(税込) キングレコードより発売