ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 【TV】移住して初めて分かったリアルな沖縄とは?

【TV】移住して初めて分かったリアルな沖縄とは?

2016年3月11日

chatan

関西テレビでは、3月12日(土)、バラエティー「思てたより○○な沖縄~移住して見つけたハッピーライフ~」を放送する。

同番組は、インターネットの情報やガイドブックでは分からないリアルな沖縄の暮らしを、関西から移住した人に教えてもらう旅バラエティー番組。

ダイアンと福本愛菜、未知やすえと石田靖の2組が、沖縄へ向かい、関西から移住した人たちのもとを訪ね、実際に住んでいる人だけが知る沖縄のリアルライフに迫る。

未知と石田は、美浜アメリカンビレッジなど、まるでアメリカ西海岸を彷彿とさせる北谷町(ちゃたんちょう)へ。

北谷町に暮らす西宮出身のShiNOさんとその妻・さくらさん(河内長野出身)は、昔から南の島へ行きたいという強い思いを抱きながら、1年3カ月前に念願の沖縄移住を果たした。

ShiNOさんは「沖縄ライフログ」というブログを書き、ブロガーとして沖縄の情報を発信しながら「沖縄移住者友の会」のリーダーも務めている。現在は、北谷のヨットハーバー近くにカフェもオープンした。

未知らは、しっかりものの夫婦と思って話を聞いていたが、実は意外にものんびりした夫婦と判明。仰天エピソードが連発する。

続いて、沖縄本島の東に位置する、うるま市伊計島へ。人口約200人というこの島に土地を買って移住した斎藤文さんを訪ねる。

ikei

斎藤さんはもともと武庫之荘で整体・アロマの会社を経営していたが、交通事故に遭って入院し、「残りの人生は自分の好きなように生きよう」と沖縄への移住を決意した。昔から付き合いのあった夫とは沖縄へ移住してから結婚。助け合いながら生きる島の暮らしに「プライベートはほぼないんですよ」とほほ笑む。

ほか、未知らは、那覇市の中心・牧志に暮らす、緑川徹也さん(京都出身)と、妻・真紀子さん(群馬出身)を訪問。2人は移住歴10年で2歳になる娘がいる。

karate

真紀子さんは関東で仕事をしていた時に徹也さんと出会い、夫の影響で極真空手を始めたという。当時、徹也さんの仕事があまりに忙しく、「たびたび訪れていた沖縄に住むのもいいかなあ」と真紀子さんに相談したら「行こう!」とまさかの即決。猫一匹だけを連れて沖縄に移住した。

沖縄に移住してからも共通の趣味である「空手がしたい!」と、多くの道場を見学し、松林流空手道場の会長の突きに一目惚れし、現在は夫婦そろって沖縄少林流空手道4段という腕前。そんな空手好き夫婦が「思てたより◯◯やった」ことを語る。

一方、ダイアンと福本は、昨年3月に那覇にオープンした、「よしもと沖縄花月」に行き、お笑い芸人のリアル沖縄ライフをリポート。

kagetsu

ダイアンの後輩で大阪出身のお笑いコンビ・クロスバー直撃の2人は、沖縄に1カ月の短期移住をしている。北海道の寒さから逃れるため、暖かい沖縄に移住して芸人になったというどさんこ室田が、沖縄に来て困ったのは「おばぁ」の言葉が全く理解できないことだと告白。そんな中、室田が“体得”した、沖縄限定の魔法の言葉「だからね」のパワーを力説する。

その後、沖縄に移住して18年の、京都出身の具志堅佳子さんのもとへ。具志堅さんはリゾートホテルでアルバイトをしながら、子どもの頃から憧れていた沖縄で暮らし始め、沖縄で知り合った今の夫と結婚した。

nago

よくよく聞くと、義父のいとこが具志堅用高さんと判明。家の周りは具志堅さんだらけで、親戚が集まると未だに知らない人も多いという。そんな佳子さんが「思てたより◯◯やった」ことを披露する。

「思てたより○○な沖縄~移住して見つけたハッピーライフ~」
2016年3月12日(土) 16:25〜17:25 関西テレビで放送