ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

レッドプラネットホテル
予約は下記から

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 【第9回沖縄国際映画祭】沖縄をモチーフにした名作&珍作を紹介

【第9回沖縄国際映画祭】沖縄をモチーフにした名作&珍作を紹介

2017年4月20日

沖縄では4月20日(木)〜4月23日(日)まで、「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」が開催。その期間中の4月21日(金)〜4月23日の3日間、「沖縄ヒストリカルムービー」が行われる。

「沖縄ヒストリカルムービー」は、沖縄の文化や歴史、風景などの観点から再評価できる、埋もれた名作・珍作を紹介するイベント企画。

2回目となる今回は、「空手シネマとレトロ沖縄」と題して、近年世界的に注目が高まっている「空手」を題材にした映画や、沖縄の戦後復興期の姿を体感できる4つのプログラムを紹介する。

4月21日は、時代の流れに巻き込まれながらも“黒帯”の継承者を目指して成長していく男たちを描く本格的空手映画『黒帯 KURO-OBI』を上映。主演を果たした八木明人の舞台挨拶も行われる。

同じく21日には、沖縄の一般の人々が撮った多数の8ミリ・フィルムをデジタル化した『デジタルで甦る8ミリの沖縄』を紹介する。

そして、4月22日(土)は『空手バカ一代』を上映。梶原一騎氏、影丸穣也氏の原作を千葉真一が演じた。

4月23日(日)は、現存する沖縄最古の映画館として戦後の空気を今に伝える首里劇場を舞台に、館長と劇場のドキュメンタリーを綴った『琉球シネマパラダイス』が紹介される。

「沖縄ヒストリカルムービー」で上映される4作品は、すべて入場無料。気軽に名作に触れてみよう。

「沖縄ヒストリカルムービー」
2017年4月21日(金)〜4月23日(日)

【上映スケジュール】
映画『黒帯 KURO-OBI』
2017年4月21日(金) 14:10開場/14:30〜16:25 沖縄・那覇市「テンブスホール」にて上映

映画『デジタルで甦る8ミリの沖縄』
2017年4月21日(金) 16:40開場/17:00〜19:00(予定) 沖縄・那覇市「よしもと沖縄花月」にて上映

映画『空手バカ一代』
2017年4月22日(土) 19:10開場/19:30〜21:20(予定) 沖縄・那覇市「桜坂劇場」にて上映

映画『琉球シネマパラダイス』
2017年4月23日(日) 17:00開場/17:20〜18:05 沖縄・那覇市「よしもと沖縄花月」にて上映

※各プログラムの終了時間は舞台挨拶の時間も含む
※各プログラムの開演1時間前に、無料鑑賞券を上映会場のチケットカウンターで配布