ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 結婚宣言に卒業宣言…波乱含みの選抜総選挙は指原莉乃が3連覇!

結婚宣言に卒業宣言…波乱含みの選抜総選挙は指原莉乃が3連覇!

2017年6月19日

AKB48の49枚目のシングル曲を歌うメンバーを決める「AKB48 49thシングル選抜総選挙」の開票イベントが、6月17日、沖縄・豊見城市中央公民館にて開催され、HKT48(STU48兼任)の指原莉乃が1位に輝き、史上初の3連覇となった。

同イベントは、49枚目のシングルの選抜メンバー、カップリングメンバー総勢80名をファン投票によって決定する一大イベントで今回は、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48、BNK48から322人が立候補。初の沖縄開催ではあったが、悪天候のため、昼のコンサートと屋外での開票イベントが中止になり、同市内の公民館で無観客の状態で開票結果が発表された。

沖縄出身の宮里莉羅(AKB48 チーム8)

立候補のメンバー、関係者、報道各社のみで行われたイベントは、ファンからの声援がない状態で異様な雰囲気に包まれた。80位から順位を発表し、飛躍的に順位を上げ喜ぶメンバーもいれば、順位を下げ落ち込んで涙を流すメンバーもいるなど、悲喜こもごもの選挙結果となった。

9位の岡田奈々

7位の横山由依

5位の荻野由佳

4位の宮脇咲良

3位の松井珠理奈

中でも、20位にランク入りした須藤凜々花(NMB48)は、突然の結婚宣言。会場にいたメンバーは、最初、言葉の意味が理解できずに冗談だと思っていたが、現実の話だと知ると祝福の言葉が相次いだ。

2位に輝いた渡辺麻友(AKB48)は、「私、渡辺麻友はAKB48を卒業します」と切り出すと、会場が一気に静まり返った。「これからは外の世界に出て、また一から新たな挑戦がしたいなと。また一から出直すつもりで外の世界に飛び出そうという決意をさせていただきました」と新たなステージに向けて意欲をみせた。

健闘をたたえ合って抱き合う指原と渡辺

1位に輝いた指原は、2位の渡辺におよそ10万票近くの差をつける圧勝で前人未到の3連覇と4度目の女王を達成。開票イベント終了後、記者会見に登場した。自分自身で最後の総選挙にしようと決めていた指原は、今回ラストの総選挙をいい形で終われたことにうれしい表情を見せた。

今回から新調された女王のみしか座れない椅子に関しては、「新しい椅子に初めて座れたのはすごくうれしかった。でもめっちゃ硬かったです。思いっきりドンっていったら、ガンっとくるような硬めだったんで、来年1位になるメンバー用に改良してもらいます(笑)」とスタッフに注文をつけるひと幕も。

3連覇の自信について聞かれると、「全くなかったといったら嘘になってしまいますが、ファンの方がすごく頑張ってくださったので、やっぱり若いメンバーがたくさんいる中でこうやってバラエティーメインで出ている自分を応援してくださっているファンの方が私をアイドルにしてあげようという気持ちがすごく大きかったので、1位あるかもしれないなと思っていました」とファンへの感謝を述べていた。

沖縄で初めての総選挙を聞かれると、「たくさんの方にご迷惑をおかけしてしまって、そして楽しみにしてくださっていた方もたくさんいると思うので、簡単に考え過ぎていたというか、うちのチームの完全なミスなので本当に申し訳ございませんでした」と謝る場面も見られた。

今回の選挙を最後と決めていた指原は、「来年は思いきってMCしたいです! 何らかの形で関わりたいですね。できればスタジオMCで、宮根誠司さんの近くにいれたらいいなと思っております。うまく仕事にしていきたいと思います(笑)」とちゃっかり来年の仕事を狙っていた。