ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > “ピースフル・フェス”が入場無料で新たな「まちフェス」に

“ピースフル・フェス”が入場無料で新たな「まちフェス」に

2017年7月2日

沖縄の夏の風物詩「ピースフルラブ・ロックフェスティバル」が、7月8日(土)に、沖縄・沖縄市のコザ・ミュージックタウン1階の特設ステージにて開催される。

「ピースフルラブ・ロックフェスティバル」は、「愛と平和」を謳う沖縄の夏の音楽イベント。今回で34回目の開催となる。33回まで会場として使用してきた「沖縄市野外ステージ」が改修工事に入るため、今回から会場を同市の中心地、コザ・ミュージックタウンに移して、新たなスタートを切る。

今回は、“オキナワンロック”と呼ばれる一大ムーブメントを築き上げたアーティストと、今後、沖縄の音楽シーンを担っていく若手インディーズバンドが同日に集結。世代を超えて楽しめる“まちフェス”として、コザの歴史あるイベントを引き継ぎ、発展させていく。

PRYZM

地獄車

当日は、“オキナワンロック”の代表格・紫を筆頭に、フィリピン・マニラでトップを争うバンド・PRYZM、今年で結成22年を迎えるベテラン・地獄車、ロックンロールを愛してやまないかっちゃんBANDをはじめ、Freddie Eto & Queeness、JET、PAPASIDEWAYS BANDが参戦。

かっちゃんBAND

Freddie Eto & Queeness

JET

PAPASIDEWAYS BAND

一方、若手としては、県内の各イベントを盛り上げる23歳5人組のエンタメバンド・P-fam、アメリカンポップロックなサウンドを取り入れた4人組バンド・SUMMER AND YOU、ガールズ3ピースバンド・オモイトランス、そして、大阪のオーディションを勝ち抜いたビリ→部と沖縄のオーディション勝者・ひぇあふぉうがパフォーマンスを繰り広げる。

P-fam

SUMMER AND YOU

オモイトランス

ビリ→部

ひぇあふぉう

MCは、スマートフォンやデジタルガジェットをフル活用するタレント・モバイルプリンス。今後、どんな形の“まちフェス”に発展していくのか、その歴史的第一歩を現場で体験しよう。

モバイルプリンス

「第34回 ピースフルラブ・ロックフェスティバル2017」
2017年7月8日(土) 12:00開演 入場無料 沖縄・沖縄市のコザ・ミュージックタウン1階「特設ステージ」にて開催

【問い合わせ】
電話:098-932-1949(ミュージックタウン音市場)
電話:098-930-1184(サウンドパッケージ)