ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 独自の手法で琉球を表現する与儀勝之の「青」の世界

独自の手法で琉球を表現する与儀勝之の「青」の世界

2017年8月6日

イラストレーター・与儀勝之(よぎ・まさゆき)氏の個展「[琉球イラストレーション]与儀勝之『空の青、海の青』@味噌めしや まるたま」が、8月7日(月)から、沖縄・那覇市のレストラン「味噌めしや まるたま」にて開催される。期間は、8月19日(土)まで。

与儀氏は、1974年、沖縄県那覇市生まれ、北中城村(きたなかぐすくそん)在住のイラストレーター。沖縄県立芸術大学卒業後、グラフィックデザイナーとして活躍。2004年から沖縄に戻り、沖縄の「生命力の濃さ」を形にしていくための手段として、手探りでイラストレーションを始める。“琉球イラストレーション”と名付けた独自の作風で話題を呼んでいる。

会場では、「空の青、海の青」をテーマに、色鮮やかな作品を多数展示。大海を泳ぐジンベエザメ、水面から差し込む光が印象的な沖縄の海底、太陽の光が反射する水面など、与儀氏独特の表現手法は、実に興味深い。

「味噌めしや まるたま」のおいしい食事を楽しみながら、作品を楽しもう。

「[琉球イラストレーション]与儀勝之『空の青、海の青』@味噌めしや まるたま」
2017年8月7日(月)〜8月19日(土) 7:30〜22:00 沖縄・那覇市の「味噌めしや まるたま」にて開催
※休廊日:日曜、木曜(ティータイム/夜のみ)

「味噌めしや まるたま」
住所:沖縄県那覇市泉崎2-4-3
電話:098-831-7656