ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 北海道名物と中華をブッフェ形式で堪能!

北海道名物と中華をブッフェ形式で堪能!

2018年11月9日

沖縄・那覇市のホテル「ダブルツリーbyヒルトン那覇」では、現在、「北海道ランチ VS. 中華ランチ」を開催中。期間は、12月31日(月)まで。

今回のランチブッフェは、人気の北海道メニューと中華メニューを用意。

北海道の特産品を使ったメニューでは、北海道でとれた新鮮ないくらとズワイガニを使った大満足の一品「かに&いくら丼」を用意。また、バターが香る熱々のスープに、ツルツル、モチモチの太縮れ麺が良く絡む「北海道味噌ラーメン」も。

「かに&いくら丼」

そして、道東・釧路の名物「釧路ザンダレ油淋鶏風」も登場。ザンギ発祥の地である釧路では甘辛のタレを絡めて食べるのが主流。釧路でしか食べられないため、道内でもなかなか出合えない一品に豆板醤を加え、中華風にアレンジした。

「釧路ザンダレ油淋鶏風」

「脂肪燃焼 サンラータン」は酸味豊かな辛みのあるスープ。酢に含まれている酢酸は豊富なアミノ酸を含み、脂肪の合成を抑えて身体に脂肪を付きにくくする働きがあると言われている。バランス良く野菜と豚肉で具だくさんに仕上げた。

一方、中華メニューでは、中国広東省、香港ではティータイムに食される点心「点心 小籠包&桃饅頭」のほか、プリプリのエビをマヨネーズで絡めた「海老の中華マヨネーズ和え」、そして、ビタミンC、E、ミネラルが豊富で、ダイエットをサポートする「ジャスミン茶」などが並ぶ。

「点心 小籠包&桃饅頭」

「海老の中華マヨネーズ和え」

北海道料理好きも中華好きも大満足のフェア。ホテルクオリティーのメニューを思う存分堪能しよう。

「北海道ランチ VS. 中華ランチ」
2018年11月1日(木)〜12月31日(月) 11:30〜14:30(L.O.14:00) 大人2,100円、小学生1,050円、5歳以下無料(いずれも税金・サービス料別) 沖縄・那覇市「ダブルツリーbyヒルトン那覇」内「ザ・リバーサイド カフェ&ダイニング」にて開催
※「フリーフロープラン(アルコール・ソフトドリンク各種飲み放題)」プラス1,200円

【予約・問い合わせ】
電話:098-860-7025