ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 沖縄における縄文…時空を超えた美の世界を紹介!

沖縄における縄文…時空を超えた美の世界を紹介!

2018年11月22日


火焔型土器(十日町市博物館所蔵 新潟県十日町市笹山遺跡)

沖縄・那覇市の「沖縄県立博物館・美術館」では、11月22日(木)から、特別展「縄文と沖縄 -火焔型土器のシンボリズムとヒスイの道」を開催する。期間は、2019年1月20日(日)まで。

同展は、高度な土器工芸や石材利用技術の発達が見られた、10,000年以上続いた縄文時代にスポットを当てた展示会。縄文人が生み出した数々の文化の中でも、縄文土器の代表例として知られる火焔型土器と、縄文人が珍重したヒスイをテーマとして、土器に込めた縄文人の思いや、驚くべき長距離に及んだ縄文時代の交易ネットワークに焦点を当てる。

会場は、6部構成。「縄文へのいざない」で縄文時代のアウトラインと土器文化の始まりについて紹介。「火焔型土器のシンボリズム」では雪国の竪穴住居をイメージした暗室で、火焔型土器のシンボリズムが体験できる。

「縄文のデザイン」で、火焔型土器など縄文土器のデザインや、土偶・ヒスイをはじめとするシンボリックアイテムについて解説する。「火焔型土器」は約5,000年前の縄文時代中期に誕生した。信濃川流域を中心に新潟県下に分布し、その造形は日本の美術史上、特筆する存在となっている。

また、新潟・糸魚川市周辺から産出する「ヒスイ」は、縄文時代前期以降、日本各地に広く流通し、はるか沖縄の島々にまで運ばれたことが知られている。

「野生の造形」コーナーでは縄文時代だけでなく、沖縄の民俗文化や東南アジアの民俗文化に見る野生的な造形を、「南島のシンボリズムとヒスの道」で沖縄をはじめとする南島の生態環境と先史時代のシンボリズムやヒスイをめぐる長距離ネットワークを、「琉球の装いとデザイン」で琉球王国時代の勾玉をはじめとする玉文化と、装身習俗、琉球のデザインを、それぞれ紹介。

同展を通じて、原始芸術のもつ野生的かつ豊饒なイメージと、縄文人のしなやかな生態を紹介するとともに、縄文のエナジーを身近に体感できる機会となりそうだ。

「縄文と沖縄 -火焔型土器のシンボリズムとヒスイの道」
2018年11月22日(木)~2019年1月20日(日) 9:00~18:00(金土は~20:00) 一般1,100円、高大生600円、小中学生300円 沖縄・那覇市「沖縄県立博物館・美術館」3階「特別展示室」にて開催
※毎週月曜休館(12月24日、1月14日は開館し、翌火曜日休館)、年末年始(12月29日~1月3日)休館