ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 「君の名は。」など大ヒットアニメを無料上映

「君の名は。」など大ヒットアニメを無料上映

2018年12月28日

(C)2016「君の名は。」製作委員会

沖縄・本部町(もとぶちょう)の「国営沖縄記念公園(海洋博公園)」では、「文化庁メディア芸術祭 やんばる展『見えるものと見えないものと』」のアニメーション部門大賞受賞作の映画上映を行う。

「文化庁メディア芸術祭 やんばる展『見えるものと見えないものと』」は、沖縄本島の北部エリアにて開催しているアート展。沖縄本島北部の“やんばる”エリアに広がる自然、そして、その中でアートというメディア芸術を体験することから得られる人間の“想像するチカラ”をテーマに、新たな価値や可能性を探っていくことを目的に企画された。

同展は、「国営沖縄記念公園(海洋博公園)」のほか、国頭村(くにがみそん)の「オクマ プライベートビーチ&リゾート」、大宜味村(おおぎみそん)の大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティーセンター)の3会場にて開催されている。

国営沖縄記念公園(海洋博公園)では、施設内の「海洋文化館」にて、映画上映が行われる。

12月29日(土)と1月1日(火・祝)には、実写にて連続ドラマ化もされた劇場アニメ「この世界の片隅に」を上映。片渕須直氏が6年の歳月をかけて制作したアニメーションで、戦争中に大事なものを失いながらも前向きに日々の営みを続ける人々を描く感動作だ。

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

12月30日(日)には、アニメ「舟を編む(上巻1~7話)」をかける。作家・三浦しをん氏の同名小説を原作にした、実写映画化もされた、黒柳トシマサ氏によるアニメーション。辞典編集者の仕事ぶりや人間模様を描いた秀作だ。


(C)玄武書房辞書編集部

そして、2019年1月5日(土)と1月6日(日)の両日は、新海誠監督による大ヒット作「君の名は。」が登場。異なる時代と場所に生きているにも関わらず夢の中で入れ替わってしまう男女の高校生の恋と奇跡を描いた長編アニメーションとなっている。

アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰し、受賞作品の鑑賞機会を提供する総合フェスティバル「メディア芸術祭」。日本のエンタテインメントを代表する人気アニメを、この機会に鑑賞しよう。

「文化庁メディア芸術祭 やんばる展『見えるものと見えないものと』」
開催中〜2019年1月6日(日) 観覧無料 沖縄・本部町「国営沖縄記念公園(海洋博公園)」内「海洋文化館」2階「展示ホール」にて上映
※17:00以前に入館の場合は、入館料(大人190円、中学生以下無料)が必要
※鑑賞希望者は、P7立体駐車場を利用(P7以外の駐車場は19:00以降の使用は不可のため)。17:00以降の海洋文化館の出入口は2階のみ

【上映スケジュール】
2018年12月29日(土) 17:30〜19:39 「この世界の片隅に」
2018年12月30日(日) 17:30〜20:04 「舟を編む(上巻1~7話)」
2019年1月1日(火・祝) 17:30〜19:39 「この世界の片隅に」
2019年1月5日(土) 17:30〜19:17 「君の名は。」
2019年1月6日(日) 17:30〜19:17 「君の名は。」