ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > デパートリウボウの2019年のスタートは「横浜 中華街展」

デパートリウボウの2019年のスタートは「横浜 中華街展」

2019年1月1日

「牡丹園」の「フカヒレ姿煮麺(尾ビレ)」(5,400円)

沖縄・那覇市のデパートリウボウは、1月2日(水)から、「神奈川 横浜・中華街展」を開催する。期間は、1月9日(水)まで。

今回は、「彩り新メニュー」として、イートインコーナーに、全6店舗が初登場の新メニューを投入する。

「牡丹園」は、麺を覆い尽くすほどの大きなフカヒレが入った「フカヒレ姿煮麺(尾ビレ)」(5,400円)を出品。ほか、「XO醬レタス炒飯」(1,080円)、「五目焼そば」(864円)を提供する。

「牡丹園」の「XO醬レタス炒飯」(1,080円)

「牡丹園」の「五目焼そば」(864円)

「愛香楼」は、彩りも美しい「五目そば」(864円)、「五目炒飯」(864円)、「五目両面焼そば」(1,080円)の3品を用意した。

「愛香楼」の「五目そば」(864円)

「愛香楼」の「五目炒飯」(864円)

「愛香楼」の「五目両面焼そば」(1,080円)

「四五六菜館(しごろくさいかん)」は、エビチリを大胆に炒飯の上に乗せた「エビチリ炒飯」(1,296円)、「蟹炒飯」(972円)、「牛バラ炒飯」(1,080円)と、チャーハン好きにはたまらないラインナップとなっている。

「四五六菜館」の「エビチリ炒飯」(1,296円)

「四五六菜館」の「蟹炒飯」(972円)

「四五六菜館」の「牛バラ炒飯」(1,080円)

「雲呑房(わんたんぼう)」は、ワンタンを使った「揚げワンタン入り焼そば(麻婆味)」(864円)、「揚げワンタン炒飯」(864円)、「ワンタン麺」(864円)の3品を持ち込む。

「雲呑房」の「揚げワンタン入り焼そば(麻婆味)」(864円)

「雲呑房」の「揚げワンタン炒飯」(864円)

「雲呑房」の「ワンタン麺」(864円)

「廣新楼(こうしんろう)」は、「エビ入りサンマー炒飯」(972円)、「サンマー麺」(756円)、「サンマー焼そば」(756円)の3品を提供する。

「廣新楼」の「エビ入りサンマー炒飯」(972円)

「廣新楼」の「「サンマー麺」(756円)

「廣新楼」の「サンマー焼そば」(756円)

そして、「萬珍茶房(まんちんさぼう)」は、「三色焼売(6個)」(1,280円)、「小籠飯」(1,000円)の飲茶を用意する。

「萬珍茶房」の「三色焼売(6個)」(1,280円)

「萬珍茶房」の「小籠飯」(1,000円)

また、茶菓子として、「香港甄沾記(ほんこんやんちぇんき)」の「ココナッツドラゴンプリン」(400円)、「同發(どうはつ)」の「ココナッツサンド」(200円)、「重慶飯店」が「歌舞伎揚本舗 天乃屋」とコラボした「麻辣揚煎(4枚入)」(648円)などが並ぶ。

「香港甄沾記」の「ココナッツドラゴンプリン」(400円)

「同發」の「ココナッツサンド」(200円)

「重慶飯店」の「麻辣揚煎(4枚入)」(648円)

ほか、「ありあけ」の「ハーバーダブルマロン(5個入)」(891円)など横浜の銘菓や「香港風水占い」「花文字実演」などのイベントも。

「ありあけ」の「ハーバーダブルマロン(5個入)」(891円)

リウボウが横浜一色になる「神奈川 横浜・中華街展」。1月2日の「初商」、世界の逸品が集まる「ワールドバザール」など各イベントもあるので、併せて楽しみたい。

「ワールドバザール」

「神奈川 横浜・中華街展」
2019年1月2日(水)〜1月9日(水) 10:00〜20:00(2日は9:30〜、9日は〜16:00) 沖縄・那覇市「デパートリウボウ」にて開催
※ラストオーダーは各営業終了時間の30分前まで