ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > クリエイティブな3人が自由な発想で「沖縄に今あるべきカフェ」についてトーク

クリエイティブな3人が自由な発想で「沖縄に今あるべきカフェ」についてトーク

2019年3月20日

アートディレクター・信藤三雄氏が主宰する「モーアシビー フリースクール」は、13回目の企画として、3月24日(日)、「モーアシビーカフェ企画会議」を開催する。

信藤氏は、松任谷由実、ピチカート・ファイヴ、Mr.Children、MISIAなど、日本の音楽シーンをリードしてきた数多くのミュージシャンのCDジャケットを手がけ、新鮮なビジュアルイメージと革新的なプロダクトを生み出してきたアートディレクター。写真家、映像ディレクター、書家、音楽家としても才能を発揮し、各方面のクリエイターに影響を与え続けている。

「モーアシビー フリースクール」は、そんな信藤氏が、沖縄県内にて展開する学びの場。1周年を迎える第13回は、食空間から沖縄の新たなカルチャーを生み出してきた屋部龍馬氏、石井雄一郎氏をゲストに、3人でトークショーを開催する。

屋部氏は、北中城村(きたなかぐすくそん)にて、カフェ「PLOUGHMANS LUNCH BAKERY」、和菓子店「羊羊YOYO AN FACTORY」を営む。一方、石井氏は、北谷町(ちゃたんちょう)の居酒屋「月と器」、宜野座道の駅のカフェ「Ginoza Farm Lab」にてオーナーを務め、食と雑貨の祭典「OKINAWA FOOD FLEA」を主宰している。

日頃クリエイティブな空間で活躍するこの3人が「モーアシビーカフェ企画会議」と題し、「限りなく自由な発想でお店を作るとしたら」「新文化の発信基地を作るなら」「沖縄には今こんなお店が必要だ」など、自由にトークを展開していく。

トークショー後は参加者を交えて交流会も開催。クリエイティブな空間で、クリエイティブな人たちに刺激されながら、一緒に楽しもう。

「第13回モーアシビー フリースクール『モーアシビーカフェ企画会議』」
2019年3月24日(日) 13:30開場/14:00~16:00 2,000円 沖縄・那覇市「TERMINAL Okinawa Creative Space」にて開催
※定員:40人
※チケット料金は当日、受付の際にお支払い
※当日券は定員数になり次第終了

【予約・問い合わせ】
電話:080-4931-6560(平日10:00〜18:00)
MAIL:freeschool@moiaussibe.info
Facebook:イベントページから「参加」を表明

「交流会」
2019年3月24日(日) 16:30頃〜 1,000円 沖縄・那覇市「TERMINAL Okinawa Creative Space」にて開催
※チケット料金は当日、受付の際にお支払い

「TERMINAL Okinawa Creative Space」
住所:沖縄県那覇市前島2-11-9