ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 沖縄の魚を使ったシーフード版タコライスを渋谷のカフェで限定販売

沖縄の魚を使ったシーフード版タコライスを渋谷のカフェで限定販売

2019年6月29日

東京・渋谷の「WIRED TOKYO 1999」では、7月1日(月)から、沖縄の魚を使った「シーフードタコライス」(1,188円)を発売する。期間は、7月31日(水)まで。

「シーフードタコライス」は、沖縄のソウルフードの1つ・タコライスをベースにしたメニュー。タコライスは、ライスの上にメキシコ料理のタコスをのせた沖縄ならではの料理で、県民をはじめ、観光客にも人気が高い。

「シーフードタコライス」は、タコライスは通常、牛挽肉を使うが、その肉の代わりに沖縄の魚介を使用した一品だ。魚介としては、沖縄本島や離島でとれたマグロ、白身魚、イカ類を使用する予定。

今後は、「WIRED TOKYO 1999」での反響をみながら、国内外の店舗に拡大していくことも視野に入れている。あらゆる理由で肉を食せない海外の人からも人気を呼びそうだ。

「シーフードタコライス」
2019年7月1日(月)〜7月31日(水) 1,188円(税込) 東京・渋谷区「WIRED TOKYO 1999」にて販売