ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 組踊の誕生背景を伝える貴重な企画展が開催中

組踊の誕生背景を伝える貴重な企画展が開催中

2019年7月10日

組踊「二童敵討」

沖縄・那覇市の「首里城公園」では、現在、特別展「THE KUMIODORI 300-組踊展-」を開催中。期間は、11月7日(木)まで。

「THE KUMIODORI 300-組踊展-」は、沖縄の伝統芸能「組踊」の上演300周年を記念して、首里城公園と沖縄県立博物館・美術館とで連携して開催している、「近世」「近現代」をテーマにした企画展の一環。

組踊「二童敵討」

「組踊」は、1719年、中国皇帝の使者である冊封使(さっぽうし)をもてなすために誕生した。実際に組踊という文化が育まれた首里城で、歴代冊封使にまつわる関連資料をはじめ、往時の琉球関係文化財の展示を通して組踊を形作った歴史を紹介していく。

組踊「執心鐘入」

組踊「花売の縁」

舞台に影響を与えたであろう衣装や小道具の展示、観劇する側の冊封使たちが琉球国のもてなしをどう感じていたのかを読み解く資料など、沖縄の誇るユネスコ無形文化遺産の誕生が垣間見える企画展となっている。


兜前立て


全魁書(ぜんかいしょ)

黒漆菊唐草螺鈿天目台(くろうるしきくからくさらでんてんもくだい)

関連イベントとして、学芸員によるギャラリートークなど、組踊をより詳しく、より楽しく知るためのイベントも開催される。

首里城講座が開催される世誇殿

首里城で琉球王国の歴史とともに組踊の歴史を学ぼう。

「首里城公園企画展『THE KUMIODORI 300-組踊展-』」
2019年7月5日(金)~11月7日(木) 沖縄・那覇市「首里城公園」内「南殿2階特別展示室」にて開催

【関連イベント】
「兜前立て」
2019年7月5日(金)~11月14日(木) 沖縄・那覇市「首里城公園」内「黄金御殿特別展示室」にて開催

「首里城講座 令和元年度第1期」
第1回 2019年7月5日(金) 17:00~18:30
「THE KUMIODORI300を300倍楽しんで鑑賞する方法~誰も言わなかった組踊の歴史~」講師:上江洲安亨(首里城事業課 副参事)

第2回 2019年7月12日(金) 17:00~18:30
「名優たちの芸風」講師:眞境名正憲(伝統組踊保存会会長)

第3回 2019年7月19日(金) 17:00~18:30
「『書』と琉・日・中交流にまつわるえとせとら~企画展『THE KUMIODORI 300』の展示資料とその周辺~」講師:輝広志(首里城事業課 調査展示係)

「首里城講座 令和元年度第2期」
第1回 2019年8月2日(金) 17:00~18:30
「冊封使へのおもてなし~冊封七宴・弁ヶ嶽遊覧等の歓待~」講師:上江洲安亨(首里城事業課副参事)

第2回 20198月9日(金)  17:00~18:30
「村の組踊と名優たちの功績~おきみゅー会場の展示を通して~」講師:仲宗根あい(琉球文化財研究室主事)

第3回 2019年8月16日(金)  17:00~18:30
「琉球国の舞台と花火 -甦る300年の伝統-」講師:茂木仁史(国立劇場おきなわ運営財団調査養成課長)
※定員:各講座30人程度(定員に達し次第、締め切り)
※開催場所:首里城公園 世誇殿
※参加費:無料(別途入場料が必要。年間パスポート利用可)
※要事前申し込み

【問い合わせ・申し込み】
電話:098-886-2020(10:00~18:00、首里城公園管理センター・調査展示係)