ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 卓越した妙義で世界を感動させた中国の芸術団が沖縄に上陸

卓越した妙義で世界を感動させた中国の芸術団が沖縄に上陸

2019年8月15日

沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターでは、8月18日(日)から、舞台「夏休みスペシャル アジア交流企画 中国芸術団」が開催される。期間は、8月25日(日)まで。

「夏休みスペシャル アジア交流企画 中国芸術団」は、中国の障がい者による「中国障がい者芸術団」と、中国を代表する雑技団「山東省済南市雑技団」、2つの芸術団が1つのパッケージになったステージ。この2ステージが見られるのは日本初となる。

「中国障がい者芸術団」は、1987年、30人の障がいを持つメンバーで立ち上げた芸術団。独唱、重唱、合唱、ミュージカル、民族楽器、西洋楽器、電子楽器の演奏、民族舞踊、バレエ、ラテンダンス、モダンダンス、創作舞踊、舞踏劇、京劇、手話を使った詩の朗読など多岐にわたるプログラムを80か国以上の国々で公演している。

今回、団員たちは30分のステージの中で、きらびやかな衣装をまとって、腕から指の先まで一糸乱れぬ動きで魅せる「千手観音」などの演舞を披露する。

一方、「山東省済南市雑技団」は、1958年に創設された雑技団。2006年からは中国で高名な演出家・粉墨氏が演出を手がけ、中国の古典芸術・京劇の要素を取り入れた全く新しい雑技を生み出している。

中国を代表する雑技団として世界50か国以上で公演をする団員たちは、60分のステージ時間の中で、椅子やフープを使った、アクロバティックな中にも伝統美を重んじた演技で魅せる。

日本初となる感動と奇跡の共演を目の当たりにしよう。

「夏休みスペシャル アジア交流企画 中国芸術団」
2019年8月18日(日)〜8月25日(日) 前売り:1階席5,500円、2階席5,000円、3階席4,000円/当日:1階席6,000円、2階席5,500円、3階席4,500円 沖縄・宜野湾市「沖縄コンベンションセンター」劇場棟にて開催

【スケジュール】
8月18日(日) 18:00開演
8月19日(月)〜8月22日(木) 11:00開演/18:00開演(2公演)
8月23日(金)〜8月25日(日) 11:00開演/14:30開演/18:00開演(3公演)