ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 沖縄のやちむんから暮らしの本質を考える

沖縄のやちむんから暮らしの本質を考える

2016年2月17日

sub1

東京・有楽町にある「Open MUJI Tokyo」では、2月26日(金)から、「『手と土と火と 沖縄のやちむん』展」を開催する。期間は、4月3日(日)まで。

「やちむん」は沖縄の言葉で「焼き物」を意味する。「『手と土と火と 沖縄のやちむん』展」では、沖縄の歴史、風土、文化から生まれ、職人たちの手により生き続けている伝統的な沖縄の焼き物「やちむん」に込められた、未来に語り継ぐべき物語を紹介していく。

sub2

イベントでは、やちむんの展示のほか、読谷山焼(よみたんざんやき)北窯の土や道具、焼き物、映像、写真を通して、ものづくりへの想いと真摯な眼差し、そして陶工たちの姿を伝える4月公開の映画『あめつちの日々』を先行上映(3月25日<金>)。

sub3

そして、3月7日(月)は2つのトークイベントを実施。同映画を手掛けたドキュメンタリー作家・川瀬美香氏、工芸ライター・田中敦子が対談形式でトークを展開(3月7日<月>)。『あめつちの日々』の監督が見詰めたこと、見つけたことを語る。

ほか、読谷山焼北窯から松田米司親方をゲストに迎え、誠実で温かいものづくり、未来を見据えた取り組み、日々の暮らしなどを聞くトークイベント「読谷山焼北窯 その仕事と暮らし」も。

このイベントで、暮らしの本質とは何か、また、伝統が培う未来の暮らしについて考えてみよう。

main

「『手と土と火と 沖縄のやちむん』展」
2016年2月26日(金)〜4月3日(日) 10:00〜21:00 入場無料 東京・有楽町「無印良品 有楽町」2階「Open MUJI Tokyo」にて開催

【問い合わせ】
住所:東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町「無印良品 有楽町」2階

【関連イベント】
トークイベント「読谷山焼北窯 その仕事と暮らし」
2016年3月7日(月) 16:30~18:00(受付は16:00〜) 入場無料
※定員:60名
※要事前予約
※登壇者:松田米司氏

トークイベント「あめつちの日々 映画の現場から」 入場無料
2016年3月7日(月) 19:00~20:30(受付は18:30〜)
※定員:60名
※要事前予約
※登壇者:川瀬美香氏、田中敦子氏

映画試写会「あめつちの日々」親子試写会
2016年3月25日(金) 11:00〜12:35(10:30開場) 入場無料
※上映92分
※定員30名
※要事前予約

映画試写会「あめつちの日々」一般試写会
2016年3月25日(金) 15:00〜16:35(14:30開場) 入場無料
※定員30名
※要事前予約

「『手と土と火と 沖縄のやちむん』展」詳細サイト