ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > ファン待望のエヴァンゲリオン展がついに開幕!

ファン待望のエヴァンゲリオン展がついに開幕!

2016年3月26日

(C)カラー

沖縄・那覇市の沖縄県立博物館・美術館では、3月25日から、「エヴァンゲリオン展」を開催中。期間は、5月8日(日)まで。

「エヴァンゲリオン」は、巨大な人型人造兵器に乗った少年少女らが、未知の生命体である“使徒”と戦うストーリー。1995年にテレビシリーズの放映がスタートすると社会現象になるほどの人気を博し、2007年にはテレビシリーズを再構成した長編アニメ―ション映画『ヱヴァンゲリオン新劇場版』が公開、新たなファンを獲得した。

本展は、同作品の誕生から現在までの歴史を、原画や資料を中心に作品総数約1,300点で構成して展示。

展示は1章から4章までとなり、1章では、テレビアニメシリーズの貴重なセル画や、キャラクターデザインを担当した貞本義行氏が描いた漫画の複製原稿を紹介している。

(C)カラー

エヴァ疑似シン化第2形態(通称 光の巨人) イメージボード兼設定 決定稿/(C)カラー

2章では、絵コンテや原画、動画など約1,000点もの膨大な資料で作られる最先端のアニメ作りの工程が丁寧に紹介されており、制作の舞台裏を垣間見ることができる。

(C)カラー

『:序』C-0827 原画/(C)カラー

『ヱヴァンゲリオン新劇場版』より/(C)カラー

『ヱヴァンゲリオン新劇場版』/(C)カラー

『ヱヴァンゲリオン新劇場版』/(C)カラー

そして、3、4章では『新劇場版』シリーズ最新作を含む生原画やキャラクター、メカニックなどの設定資料約300点を初公開。監督・庵野秀明氏がアニメーションの動きの指示を書き入れた生原画など、まさしくファン垂涎のものばかり。

(C)カラー

『ヱヴァンゲリオン新劇場版』/(C)カラー

『ヱヴァンゲリオン新劇場版』/(C)カラー

さらに、沖縄会場限定企画として、さまざまなコラボレーションも実現。使徒やエヴァをモチーフにした紅型(びんがた)の帯、漆のグラスやペーパーナイフ、ペンダントなど沖縄の伝統工芸品とコラボした作品を展示している。

また、沖縄タイムスの4コマ漫画「おばぁタイムス」とのコラボレーション「おばぁンゲリオン」のコラボバッジ(全12種類)や、『新劇場版:破』で葛城ミサトが飲んでいた「琉球王朝特選古酒」を沖縄初開催記念で、数量・期間限定販売している。

オフィシャルショップ「EVANGELION STORE」も期間限定で出店。ここでしか手に入らないグッズや、本展用に描き下ろされたイラストを使った文具や雑貨、フィギュアなど限定オリジナルグッズも多数販売される予定だ。

『ヱヴァンゲリオン新劇場版』/(C)カラー

アヤナミレイ(仮称)展覧会限定フィギュア(全身)/(C)カラー

壮大なスケールで描かれたエヴァンゲリオンの魅力を感じることができるイベントになっている。

(C)カラー

「エヴァンゲリオン展」メインビジュアル/(C)カラー

「エヴァンゲリオン展」
2016年3月25日(金)〜5月8日(日) 9:00~18:00(入館は閉館30分前まで) 沖縄・那覇市「沖縄県立博物館・美術館」企画展示室・特別展示室にて開催

【観覧料】
一般1,200(960)円、高校・大学生800(650)円、小中学生500(400)円

※月曜日休館
※4月29日(金)、4月30日(土)、5月7日(土)は〜20:00
※観覧料のカッコ内は前売り及び20名以上の団体料金
※一般当日券のみ、シンジ、レイ、アスカ、カヲル、マリのいずれかのイラスト入り入場券を日替わりで販売。ほかの券種のイラストはすべてレイ
※一般当日券は各キャラクターとも売り切れ次第順次終了し、別のキャラクターになることもあり
※「琉球王朝特選古酒」は県内の量販店や酒屋などで購入可能(会場での販売除く)