ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

レッドプラネットホテル
予約は下記から

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 沖縄のアダムとイブの島に“空と海に続く教会”がオープン

沖縄のアダムとイブの島に“空と海に続く教会”がオープン

2017年8月5日

沖縄・古宇利島(こうりじま)に、2018年春、「古宇利島 空と海の教会」がオープンする。

古宇利島は、天から男女の子供が降ってきて、2人の祖先が琉球人の祖となったという沖縄版「アダムとイブ」の神話伝説が伝わる。このことから、かつては「恋の島(くいじま)」と呼ばれ、県内の数ある離島の中でも恋人たちが多く訪れる島として知られている。

「古宇利島 空と海の教会」はワタベウェディング株式会社がプロデュース。海抜82mの絶景が広がる観光施設「古宇利オーシャンタワー」敷地内のプライベートガーデンに立つ白亜の外観が特徴。

デザインは、古宇利島のサンゴの海に今も生きる“幸せを運ぶ神の使い”と称される「海亀」がモチーフ。同島の美しい自然を体感できるよう、ガラスの天窓からは広がる空が望め、ガラスのバージンロードは海へとつながっているかのような印象的な空間を演出している。

挙式では、2つの琉球ガラスのオブジェを1つにし、新しい家族になることを誓うオリジナルのセレモニーを実施。挙式前は島内のビーチで、挙式後は目の前のプライベートガーデンで、古宇利島の自然を背景に撮影が楽しめる。

また、古宇利オーシャンタワー内のカフェでウエディングパーティーを行うことができ、食事は島のかぼちゃなどを使用した沖縄らしい彩り鮮やかな料理が振舞われる。

「恋の島」の理想的なシチュエーションの中で永遠の愛を誓える場が誕生する。

「古宇利島 空と海の教会」
住所:沖縄県今帰仁村古宇利538 古宇利オーシャンタワー内
2018年春オープン(2017年8月23日(水)から販売開始)
収容人数:40名
販売価格:ライトプラン148,000円~(税抜)
<上記プランに含まれる内容>
施設使用料、牧師への謝礼、音楽奏者への謝礼、介添え(挙式場にて)、結婚証明書(法的な効力はなし)、生花ブーケ&ブートニア、挙式後ガーデン&ビーチ撮影(映像商品お申込みの方対象)、リングピロー(レンタル)、古宇利オーシャンタワー入園料2人分
※上記販売価格は2018年6月の挙式まで
※その他プランはワタベウェディング各店に要問い合わせ