ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 県内2施設目の水族館はリアル&バーチャルが融合

県内2施設目の水族館はリアル&バーチャルが融合

2017年12月12日

沖縄・豊見城市(とみぐすくし)の「豊崎美(ちゅ)らSUNビーチ」に隣接するショッピングセンターに、2020年、「DMMかりゆし水族館(仮称)」がオープンすることが分かった。

「DMMかりゆし水族館(仮称)」は、“世界初”となる、最新映像技術を駆使した新しいエンタテインメント水族館。「沖縄の澄み切った海」「島々を覆う豊かな常緑の森」「亜熱帯気候が織り成す自然」を中心に、さまざまな海洋生物と最新映像技術を組み合わせていく。入場者は初年度約210万人を目標とする。

通常の水槽展示だけでなく、最新映像技術を駆使したリアル海洋体験ができる「リアルとバーチャルの融合」、季節や時間、自然の美しさを表現するダイナミックなビジュアル表現を用い、商業施設内とは思えない開放的な空間演出が味わえる「多彩な空間演出」、海洋生物だけでなく沖縄地方を中心としたさまざまな動植物と出合い、触れ合うことができる「インタラクティブ体験」、などが特徴。

テーマパークのような“ワクワク感”と、水に包まれる“癒し・リラックス感”が共存する、リアル海洋体験を提供する空間となる。

「DMMかりゆし水族館(仮称)」は、豊崎美らSUNビーチに隣接するエリアに開発予定のショッピングセンター敷地内にオープン予定。那覇空港から車で約20分という好立地で、沖縄県内2施設目の水族館として話題を呼びそうだ。

「DMMかりゆし水族館(仮称)」
2020年オープン予定
住所:沖縄県豊見城市豊崎3番
アクセス:那覇空港から専用シャトルバスで約30分、タクシー・車で約20分
建物規模:地上3階層構造の1、2階部分(予定)