ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > ハイアット国内初のビーチリゾート「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」誕生

ハイアット国内初のビーチリゾート「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」誕生

2017年12月17日

沖縄・恩納村の瀬良垣島に、2018年8月、リゾートホテル「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」が開業する。

「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」は、ハイアットとしては国内初のビーチリゾート。那覇空港から車で約60分、沖縄本島屈指のビーチリゾートエリアである恩納村の瀬良垣島は、沖縄本島と橋でつながっていて、アクセスも申し分ない。

本島側のホテル入り口からは、車をはじめ、トゥクトゥク、ウォーキングバイシクル、ハーフバイク、自転車などさまざまな乗り物で行き来できるようになる予定。

全室オーシャンビューの客室は約340室。国道58号線から向かい、手前の本島側ビーチフロントには3階建て約20室の「ザ・ビーチハウス」、そして、橋を渡った瀬良垣島側には「ザ・アイランド」として7階建て約320室を備える。

滞在スタイルに合わせて、「ザ・ビーチハウス」にはキッチンやキチネットが付いたレジデンシャルな部屋、「ザ・アイランド」には基本のスタンダードタイプからデラックス、プレミアム、そして、バリエーション豊富な7タイプのスイートまで用意されている。

「瀬良垣島スイート」と呼ばれる181 平方メートルのスイートルームは、県内でも最大級の広さを誇るスイートルームになっている。

また、館内には、1階にオールデイダイニングとイタリアン。2階には、炉端、鮨、鉄板焼、日本料理の4つで構成される、沖縄の新しいダイニングシーンを牽引していくスペシャリティレストランを設ける。

アクティビティーは「ウェルネス」をコンセプトに、時間や場所にこだわったヨガや瞑想、呼吸法などのクラスを充実させ、心身の健康維持や増進に気を使う健康意識の高い宿泊客にも満足のプログラムを準備している。

総支配人・野口弘子氏は「ハイアットの国内初のビーチリゾートとして、海に囲まれた島ならではのゲストルームの開放感と、快適さはもちろん、食に関してもホテ ル内のレストランをファーストチョイスとしてお選びいただけるようにしたいと考えています」とコメント。

そして、「私たちが目指すのはリゾートホテルというよりも、『このホテルに滞在するために沖縄を訪れた』と言われるような『沖縄随一のディスティネーションホテル』です。ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄が、今までにない新しさ、そして、ユニークな試みに溢れ、独自の存在感を持つホテルとなり、沖縄県、そして、恩納村や瀬良垣の発展、発信に寄与できることを目指しています」と抱負を語った。

ハイアットが沖縄を舞台に挑む、国内初のビーチリゾート。今後の展開が楽しみだ。

「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」
2018年8月開業予定

住所:沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣都田原1108番地

客室数:約340室(ザ・ビーチハウス約20室、ザ・アイランド約320室)

付帯施設:レストラン・バー、スパ、プール、フィットネス、宴会場、チャペル(瀬良垣島教会)など