ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 本島北部に新拠点!「沖縄石の文化博物館」がオープン

本島北部に新拠点!「沖縄石の文化博物館」がオープン

2018年3月3日

沖縄・国頭村(くにがみそん)のやんばる国立公園内にある観光施設「大石林山(だいせきりんざん)」に、4月28日(土)、「沖縄石の文化博物館」がオープンする。

大石林山(だいせきりんざん)は、2002年3月、金剛石林山として営業開始。地層は2億5,000万年前の石灰岩で、雨水などの侵食により、長い年月をかけてできた世界最北端の熱帯カルスト地形が特徴だ。

琉球最初の歴史書「中山世鑑」では、琉球開びゃく神・アマミクが最初に創った聖地とされており、近年ではパワースポットエリアとして注目を浴びている。2016年9月には国立公園に指定され、敷地内の一部が特別保護区となった。

そこに新設される「沖縄石の文化博物館」では、沖縄の島々の地史的な成り立ちが学べるほか、県内41市町村それぞれの地域を代表する岩石を展示。展示岩石標本は見るだけでなく触ることもできるほか、県内で使用されていた希少な石製民具も展示され、先人たちの知恵を学べる仕掛けも。

1階は受け付けロビーと石の展示室があり、2階にはレストランを構え、大石林山の散策路コース出口から直接レストランへつながるスロープが設置される。

ほか、所要時間90分の「大石林山ガイドツアー」(料金:大人3,000円/小人2,000円)のガイドツアーが新設、入山料の改定やシニア料金(65歳以上)が設定される。

沖縄本島北部の観光拠点に新たな選択肢が増えることとなる。

「沖縄石の文化博物館」
住所/沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241番地
電話/0980-41-8117
営業時間/9:30~17:30(最終受付16:30)
休み/なし
入山料/大人1,200円、小人550円、シニア料金900円(いずれも税込)
※身体障がい者割引あり
※4~14歳は小人、15歳以上は大人、65歳以上はシニア料金
※上記料金には「沖縄石の文化博物館」観覧料が含まれる
駐車場:無料
アクセス/沖縄自動車道・許田ICから56km、沖縄美ら海水族館から車で約75分
公式サイト/http://www.sekirinzan.com/