ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 石垣島のティーダパインをたっぷり使った乳菓まんじゅうが新発売!

石垣島のティーダパインをたっぷり使った乳菓まんじゅうが新発売!

2014年7月17日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沖縄・石垣島の特産品であるパイナップルを使用した乳菓まんじゅう「おきなわと太陽のRegalo(レガロ)」が、7月18日(金)から発売される。7月18日~7月24日(木)までの1週間は、那覇空港と石垣空港内のギフトショップ「ANA FESTA」6店舗での先行販売。一般販売は7月25日(金)から。

「おきなわと太陽のRegalo(レガロ)」は、沖縄の洋菓子メーカー・ファッションキャンディと全日空商事とが共同開発した乳菓。沖縄の地元農家が生産した食材を使用した「沖縄ならではの新しいお土産品を開発したい」という思いが一致、共同開発に至った。

その第1弾として、沖縄の代表的な果物であるパイナップルを使用した菓子を作ることを決定し、2013年夏ごろから開発に着手。

ファッションキャンディは、これまで洋菓子を手掛けてきたノウハウを活かし、菓子の味や食材の活かし方を開発。一方、全日空商事は、原材料生産者である地元農家とのマッチングや販路拡大、ネーミングなどマーケティング面を中心に担った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の「おきなわと太陽のRegalo」は、石垣島産の「ティーダパイン」をたっぷり使用した乳菓まんじゅう。ティーダパインは甘くて程よい酸味があり、高い香りと日持ちが良いことが特徴。そんな素材そのものの味や香りを活かせるよう、パイナップルはコンフィチュール(ジャム状)にしてからオリジナルのミルク餡で包み、しっとりと焼き上げた。パイナップルの甘酸っぱさと香りがジワリと広がる、風味豊かな味わいに仕上がっている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

商品名の「Regalo」は、スペイン語で「贈り物」という意味。沖縄の太陽の光をたっぷりと浴びたパイナップルの菓子が沖縄の新しい「贈り物」として仲間入りする。

「おきなわと太陽のRegalo(レガロ)」
2014年7月18日(金)より発売 8個入り1080円(税込)
※7月18日(金)~7月24日(木)はANA FESTA「那覇空港」ロビー1号店、ロビー2号店、ゲート店、@festa2店舗(LCCターミナル内)/石垣空港:石垣ゲート店
※一般販売は7月25日(金)~。ファッションキャンディ直営店、那覇空港、石垣空港の売店、国際通りの土産店など沖縄県内の約60店舗で通年販売