ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > ポテトチップス沖縄の味第2弾は「タコライス」味!

ポテトチップス沖縄の味第2弾は「タコライス」味!

2019年1月17日

沖縄県発祥のご当地グルメの味わいを再現した「ポテトチップス タコライス味」が、1月21日(月)から、沖縄・鹿児島・佐賀・長崎・宮崎・大分・福岡・熊本の8県で、期間限定で発売される。期間は、3月上旬ごろまでの予定。

カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「ラブ ジャパン プロジェクト」を発足し、2017年度に地元の味を再現したポテトチップスを発売した。

2年目となる2018年度も、引き続き3回に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売していく。

沖縄の味「ポテトチップス タコライス味」は第2弾として発売。取り組みをさらに進化させ、地元を愛する顧客からインターネット上で募集した味案を基にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定した。

島とうがらしやゴーヤーチャンプルーなどの味も案として出ていたが、タコライスが沖縄発祥だと知らない人も増えており、新たな沖縄の魅力発信にも繋がると考え、伝統料理ではないが県民に愛されているタコライスの味を採用。

タコスミートの肉々しい味わい、チーズの風味、トマトの甘酸っぱさ、チリソースのピリッとする刺激、全てが感じられるタコライスの味を再現しており、沖縄県民も納得の味に仕上がった。

パッケージ表面は、タコス感(メキシコ感のある柄)と、沖縄感(シーサーやハイビスカス)を融合させた、沖縄特有のチャンプルー文化を意識したデザイン。タコライスのおいしさと、沖縄らしさを両方演出した。

カルビー株式会社の商品担当者は、「沖縄県で長く親しまれているタコライスを、ポテトチップスにアレンジしました。挽肉、スパイス、チーズ、トマトのパーツをバランス良く組み合わせることで、一体感がありつつも複雑な味わいを目指しました。牛肉と豚肉のうま味をしっかり効かせつつも、さまざまなスパイスの味を立たせることが苦労したポイントです。チーズは少しトロッと溶けたような雰囲気、味の決め手となるトマトはフレッシュ感と加熱感を加えることで、タコライスが思い浮かぶような本格的な味わいに仕上げました」と苦労点を。

昨年の「中味汁」味に続く、第2弾の「タコライス」味もお土産としての人気を呼びそうだ。

「ポテトチップス タコライス味」
2019年月1月21日(月)〜 オープン価格(想定価格120円前後<税込>) 沖縄・鹿児島・佐賀・長崎・宮崎・大分・福岡・熊本の直営店・アンテナショップにて販売
※発売日は販売店によって多少遅れる場合あり
※取り扱いのない場合や売り切れによる販売終了の場合あり