ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 首里城に国王や女官たちの生活を紐解く御内原エリアがオープン

首里城に国王や女官たちの生活を紐解く御内原エリアがオープン

2019年1月28日

新規開園エリア

沖縄・那覇市の観光名所の1つ・首里城公園は、2月1日(金)から、“奥”の世界「御内原(おうちばら)エリア」がオープンする。

正殿の東側一帯に広がる「御内原」は、国王とその家族、そこに仕える多くの女性が暮らす男子禁制の場だった。正殿を境に、西側が政治や外交を中心とした世界であったのに対し、ここは女性がすべて取り仕切るいわば「奥」の世界。

女官居室(にょかんきょしつ)

世誇殿(よほこりでん)

二階御殿(にーけーうどぅん)

同エリアには、城郭の東側に築かれた場内で最も高い物見台「東(あがり)のアザナ」があり、首里や那覇の街、東シナ海を望むことができる。

白銀門(はくぎんもん)

寝廟殿(しんびょうでん)

美福門(びふくもん)

東(あがり)のアザナからの眺め

淑順門(しゅくじゅんもん)

継世門(けいせいもん)

オープンに先駆け、1月31日(木)まで、新規開園エリアの有料区域を無料開放中。国王や女官たちの生活を紐解く御内原で、沖縄の歴史を感じてみよう。

「首里城公園 御内原エリア等開園 プレオープン」
2019年年1月28日(月)~1月31日(木) 8:00〜18:30(12〜3月)

<入場口>
淑順門より無料開放
※正殿などは通常どおり有料

<無料入場での御内原等エリアへ行き方(期間中のみ)>
①歓会門(かんかいもん)を通る → ②久慶門(きゅうけいもん)や銭蔵跡(ぜにくらあと)を左手に見て、内郭の城壁に沿って長い石畳の道筋を東方向に進む → ③右掖門(うえきもん)をくぐって東方向に進む → ④淑順門(しゅくじゅんもん)