ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 沖縄こどもの国を疑似体験できる体験型動画が配信中

沖縄こどもの国を疑似体験できる体験型動画が配信中

2019年2月24日

沖縄・沖縄市にある「沖縄こどもの国」では、このたび、ICT技術を活用したPR動画を制作。現在、ネットにて配信している。

沖縄こどもの国は、キリンやゾウ、カバなどの動物や沖縄県に生息する琉球固有種を多く飼育している沖縄県唯一の動物園と、科学・芸術・哲学をテーマに、子供たちの知恵や感性を刺激する参加体験型の「ワンダーミュージアム」を併設した施設。

このたび、動物園では日本初となるICT技術を活用した「インタラクティブ」という動画プラットフォームにて、沖縄県内唯一の本格的動物園「沖縄こどもの国」のPR動画を配信することとなった。

本動画の最大の特徴は、動画内に選択肢が出現し、ストーリーで分岐しながら、園内の各スポットを「疑似体験」することができるという点。これまでの動画では、視聴者は一方的に「視聴」するだけであったが、視聴者が画面をクリックすることで「選択」し、さまざまなアクションをとることができる。

最初に言語を選択して動画を再生すると、「ワンダーミュージアム」か「動物園」かを選ぶことで、施設内をPCやスマートフォンで疑似体験していく。ゾウやカバの食事シーンを間近で観察できるほか、SNSで家族や友人とシェアすることも可能。

運営する沖縄市の担当者は「本動画を通して、冬季限定のゾウライドや『触れて、遊べる』ワンダーミュージアムなどを疑似体験してもらい、ぜひ、沖縄こどもの国へも遊びに来てほしい」とコメントを寄せた。

英語、中国語(繁体字・簡体字)・韓国語にも対応しており、外国人観光客への魅力発信のツールとしても期待される。

「沖縄こどもの国」体験型動画
https://okinawakodomonokuni.mil.movie/FVLyVR/