ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 沖縄で育まれた有機青パパイヤを使った健康・美容・長寿の焙煎茶が誕生!

沖縄で育まれた有機青パパイヤを使った健康・美容・長寿の焙煎茶が誕生!

2014年8月8日

ptea_01(変換後)

沖縄・うるま市にある熱帯資源植物研究所は、8月8日(金)、青パパイヤの実から作った「沖縄パパイヤ農家の焙煎茶」を発売開始する。

青パパイヤはビタミンCが豊富に入った、果実が熟す前に収穫された野菜。シャキシャキとした歯応えとほんのりした甘みが特徴。パパイヤは沖縄では料理としてもよく使われ、炒めた「パパイヤイリチー(パパイヤ炒め)」が有名。

ビタミンCや葉酸、カリウム、ポリフェノール、食物繊維が豊富で、タンパク質、脂質分解酵素が多い青パパイヤは、沖縄では古くから「万寿瓜(マンジューイ)」としてスタミナ食、産後の肥立ちを良くする滋養溢れる活力野菜として愛されてきた。

ppy_01(変換後)ppy_04(変換後)

「沖縄パパイヤ農家の焙煎茶」で使われる青パパイヤは、有機JASに認定された日本最大級のパパイヤ農場「糸満農場」で栽培したものを使用。安心・安全の原材料なので皮まで丸ごとスライスしている。

staff_04(変換後)

この焙煎茶に含まれるのは、ビタミンCとポリフェノール。抗酸化や美白に効果があるとされるビタミンC、血行を良くすると言われるポリフェノールが多いので、健康に良いのはもちろん、タンニンが少ないのもポイントという。タンニンが多いと、鉄分と結びつきやすい成分のため体内への鉄分吸収を妨げるため貧血につながる可能性があるのだ。メーカーによると、「20代から40代の女性に特にオススメ」としている。

パパイヤ研究を進める農学博士・鈴木賢洋氏が焙煎時間、温度など何度も細かくテストして、成分と風味がともに良くなる条件を割り出し、今回の製品化にこぎつけた。沖縄の食卓、および、旅の土産として需要を集めそうだ。

tea_up(変換後)teabag(変換後)ptea_02(変換後)

「沖縄パパイヤ農家の焙煎茶(ティーバッグ12袋入)」
2014年8月8日(金) 1512円(税込) 熱帯資源植物研究所直売店および公式ネットショップで発売

直売店「フラワーステーション熱帯資源」
住所:沖縄県沖縄市美原1-17-10-104号
電話:098-982-1187
営業時間:10:00〜17:00
定休日:水、日、祝祭日

【問い合わせ】
0120-485-185(熱帯資源植物研究所お客様相談センター)
※平日9:00〜17:00(土日祝、年末年始をのぞく)