ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 「みやこ下地島空港ターミナル」の飲食3施設もオープン!

「みやこ下地島空港ターミナル」の飲食3施設もオープン!

2019年4月10日

沖縄・宮古諸島の下地島に、3月30日、「みやこ下地島空港ターミナル」がオープン。同時に飲食施設も開業した。

「みやこ下地島空港ターミナル」は、宮古島と伊良部大橋を介してつながる下地島にオープンした旅客ターミナル。日本で唯一パイロット訓練を主として活用されてきた下地島空港を、三菱地所株式会社が整備を手掛けた。

観光地として国内外から高い注目を集めている宮古諸島にさらなる賑わいを創出していくことを目的に、東京(成田)と大阪(関西)の国内線と、香港間の往復便の運航が決定している。

同ターミナル内の飲食施設は、「その一口からリゾートが始まり、その一口がまた来たいをつくる」がコンセプト。

「coral port the kitchen」「coral port Café & Bar」は、ラウンジ棟の保安検査通過後の搭乗待合スペース。南国のそよ風を感じる開放的なテラスを設けた空間で、旅の終わりまで宮古諸島の食を堪能できる。

メニューには、「宮古そば」(850円)、「佐良浜漁港のマグロ南蛮漬けセット」(1,350円)、「泡盛サングリア ゴーヤ&パイン」(600円)などを用意。島での旅の時間を思い出させるような食事やドリンクで、「また来たい!」と思ってもらえる場作りを目指している。

到着口付近に位置する「coral port Grab& GO」は、旅行者のこれから始まる島旅への高揚感を刺激する、ライブ感のあるサービスを提供。

メニューは、「友利さんのカツオなまり節&海ぶどうのサンドウィッチ」(800円)、「宮古牛ハンバーグ&宮古みそのサンドウィッチ」(1,200円)、「ソフトクリーム(宮古島産ハイビスカス味、マンゴーソース等3種)」(580円)など、サンドウィッチを中心に、メイン食材やパンの種類、アクセントとなるソースを選択し、シェフが目の前で作り上げるオリジナルサンドウィッチが特長だ。

「みやこ下地島空港ターミナル」に降り立った瞬間にリゾートが始まる沖縄の新たな玄関口の今後が楽しみだ。