ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > グスクに囲まれた全く新しいリゾート「星のや沖縄」が2020年に誕生

グスクに囲まれた全く新しいリゾート「星のや沖縄」が2020年に誕生

2019年4月17日

沖縄・読谷村(よみたんそん)に、2020年春、リゾート「星のや沖縄」が誕生する。

「星のや」ブランドは、「現代を休む日」をコンセプトに、日本発の滞在型リゾートとして展開している。「星のや沖縄」は、星のやブランドとしては8軒目、沖縄では竹富島に位置する「星のや竹富島」に続き2軒目となる。

「星のや沖縄」は、沖縄で「イノー」と呼ばれるサンゴ礁に囲まれた浅く穏やかな海が目の前に広がる場所に位置。施設は沖縄や奄美諸島の城(グスク)からインスピレーションを得て作られた塀に囲まれる。

グスクの内側には建物とともに、ヤシ、アセロラ、パパイヤなどの風景が広がり、沖縄らしい建物と滞在を演出する。

客室は全室オーシャンフロントで、プライベートプール付きの約200平米の広さをもつスイートルーム。また、夕日が臨めるプールをはじめとした多彩なアクティビティが楽しめるパブリックスペースなど国際基準のサービスを兼ね備え、沖縄随一のラグジュアリーリゾートを目指す。

星野リゾートの代表ブランドとなる「星のや」。沖縄の新たなリゾートライフを堪能できる施設として話題を呼びそうだ。

「星のや沖縄」
2020年春オープン予定
住所:沖縄県中頭郡読谷村字儀間
客室数:100室
パブリック施設:プール・ライブラリーラウンジ・スパ・メインダイニングなど
チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00  
宿泊料金:1泊1室 80,000円~300,000円(予定)
予約開始:2019年10月(予定)