ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > セブン – イレブンが沖縄初出店記念で地域商品13品を発売!

セブン – イレブンが沖縄初出店記念で地域商品13品を発売!

2019年7月11日

「ポーク玉子おむすび」(224円)

7月11日(木)、沖縄県にコンビニエンスストア「セブン – イレブン」が初出店。オープンする全14店にて、同日から、沖縄県産食材を生かした地区限定商品を発売する。

今回発売する地区限定商品は、全13品。沖縄県への初出店を記念し、沖縄県産の原材料を生かした商品や、沖縄県に馴染みのある地区限定商品となっている。

おにぎり類としては、「ポーク玉子おむすび」(224円)と「ポーク玉子おむすび(ツナマヨネーズ)」(237円)を発売。定食メニューとしても人気のポーク玉子をおにぎりにしたものと、それに沖縄でよく食べられているツナと掛け合わせたもの、どちらもボリュームのある一品となっている。

そして、県民のソウルフードともいえる「タコライス」を弁当にした「TACORICE」(496円)も登場。スパイシーなタコミートと濃厚なチーズを温め、みずみずしいレタスなどの野菜類を後乗せするセパレートタイプが嬉しい。

「TACORICE」(496円)

県民食として欠かせないじゅーしー(沖縄の炊き込みご飯)も商品化。鹿児島・枕崎産のカツオダシを生かした具材感のあるじゅーしーを、「じゅーしーごはん」(270円)と「じゅーしーおむすび」(129円)として提供する。

「じゅーしーごはん」(270円)

「じゅーしーおむすび」(129円)

チャンプルーの定番・ゴーヤーチャンプルーは、ご飯の上にのせて「ゴーヤーチャンプルー丼」(496円)に。鹿児島・枕崎産のカツオ節から抽出した沖縄専用のカツオだしを使って、だしの風味がしっかりと感じられる一品に。

「ゴーヤーチャンプルー丼」(496円)

そして、日本そばも県産にこだわった。宮古島産の玄蕎麦を使用した「もりそば(宮古島市産玄蕎麦使用)」(432円)は、そばの香り風味、のどごしの良さが特徴となっている。

「もりそば(宮古島市産玄蕎麦使用)」(432円)

デザートとしては、沖縄県産シークヮーサー果汁を使った杏仁豆腐「杏仁豆腐(沖縄県産シークワサー果汁付)」(198円)を発売する。

「杏仁豆腐(沖縄県産シークワサー果汁付)」(198円)

また、ファストフフード類も充実。沖縄県で人気の高いガーリック風味を生かした「ガリチキ」(192円)、素揚げ風の薄衣仕立てが特徴のフライドチキン「ドラム」(270円)、しっかりした味付けながら肉の旨味が詰まった骨付きチキン「サイ」(270円)、さらに、沖縄のお菓子として定番の「サーターアンダギー」(108円)が並ぶ。

ほか、沖縄出店記念で、セブン – イレブンの定番商品「ブリトー®」をタコライスイメージにした「ブリトー®タコスチーズ」(267円)を全国で販売。タコスミートの辛さと、コクのあるチュダーチーズの組み合わせが相性抜群でクセになる。

「ブリトー®タコスチーズ」(267円)

県民にとっては手軽に日常食を手に取るきっかけに、また、観光客にとっては“ここでしか買えない一品”となり、支持を受けそうだ。