ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > プラザハウスショッピングセンターにミニシアター誕生

プラザハウスショッピングセンターにミニシアター誕生

2019年11月17日

沖縄・沖縄市のショッピングモール「プラザハウスショッピングセンター」内に、11月22日(金)、ミニシアター「シネマプラザハウス 1954」がオープンする。

「プラザハウスショッピングセンター」は、1954年、日本初のショッピングモールとして開業した。人々が築いてきた伝統ある歴史と、そこに集う人々との絆が結ばれてきた同所は、沖縄県民にとっても“文化の発信拠点”として特別な場所になっている。

特有の文化・歴史の色濃く残る場所に誕生する、スターシアターズ系の「シネマプラザハウス 1954」は、それらに造詣のある人々が、有意義に過ごせ、さらに上質な余暇、新たな価値観と出合える広場を目指す。

また、プラザハウスショッピングセンターと連携し、映画館だけではできないようなイベントも行い、劇場での過ごし方に新たな選択肢を作っていくという。

シアターは2スクリーン。それぞれ48席で、解像度2Kも対応する。設計・空間に合わせて機材のカスタムを重ね、吐息まで聞こえる「繊細さ」や大型劇場にも負けない「ダイナミックさ」など、美しく色鮮やかな音を再生できるスピーカーを設置した。

また、ライブでも使うようなユニットを採用することで、映画以外のイベントにも対応が可能となり、映画館の幅を広げる音響設備となっている。

11月22日は、「ローマの休日」「“樹木希林”を生きる」「スペインは呼んでいる」「さらば愛しきアウトロー」の4作品を上映。今後は、「シネマプラザハウス 1954」ならではの個性ある作品を上映していくという。文化の発信拠点に誕生するミニシアターとして注目を集めそうだ。

「シネマプラザハウス 1954」
2019年11月22日(金)オープン
住所:沖縄県沖縄市久保田3-1-12 プラザハウスショッピングセンター3階
電話:未定
座席数:(スクリーン1、2ともに)48席+車イス2
映像:(スクリーン1、2ともに)解像度2K対応
音響:(スクリーン1、2ともに)デジタル5.1ch