ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 沖縄で人気の“ポーたま”がハワイに海外初出店!

沖縄で人気の“ポーたま”がハワイに海外初出店!

2020年2月29日

「ポークたまごおにぎり」が観光客に人気を博している「ポーたま」は、2月29日(土)、海外初となるアメリカ・ハワイに店舗をオープンする。

「ポーたま」は、「できたて、片手のごちそう」をコンセプトに、沖縄のソウルフードの1つ・ポークたまごおにぎりを、その場で作り立てにこだわって提供している専門店。

「沖縄に移住した代表が初めて作り立ての“ポーたま”を食べた時の感動を、沖縄に来た人みんなに味わってほしい」という思いで、2014年、那覇・牧志公設市場に店舗を開いた。

現在、沖縄県内に4店舗、福岡県に1店舗を展開。出店地域の食文化を挟んだスペシャルメニューや、SNS映えする見た目、朝7:00からオープンしているため朝食として食べられるなど、特に外国人観光客に人気を博している。

今回は、初めての海外店舗として、ハワイに「ポーたま ホノルルロイヤルハワイアンセンター店」をオープン。ワイキキ最大のショッピング施設「ロイヤルハワイアンセンター」内のフードホールという、好立地となる。

ポークランチョンミートと玉子焼きのスタンダードなおにぎり6種類のほか、ロコモコやガーリックシュリンプ、グリーントマトわさタル、ダブルシュリンプ、スキヤキ、ゴーヤの天ぷらなどのスペシャルメニューの全部で12種類のメニューを用意する。

スペシャルメニュー:ロコモコ

スペシャルメニュー:ガーリックシュリンプ

ドリンクとして、みそスープやグリーンティーも提供するなど、しっかりと日本文化も伝えていく。

世界屈指の観光地で、ポーたまにも使用しているポークランチョンミートがアメリカでも一番消費量の多い地であるハワイだけに、反響が楽しみだ。