ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

レッドプラネットホテル
予約は下記から

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 沖縄三越跡地のよしもと関連施設の概要発表! キム兄&スリムクラブらがPR

沖縄三越跡地のよしもと関連施設の概要発表! キム兄&スリムクラブらがPR

2015年2月2日

1

沖縄・那覇市の国際通り沿いの旧沖縄三越跡に3月12(木)、エンタテインメントを主とした観光商業施設「HAPINAHA(ハピナハ)」がオープンする。その施設に入居する「よしもと沖縄花月」「沖縄おもろおばけ屋敷」の概要が2月1日、東京にて発表された。

「よしもと沖縄花月」は、沖縄在住の芸人をはじめ、全国区の人気芸人も多数出演する喜劇を上演する舞台。55年の歴史を誇る吉本新喜劇と沖縄県の文化や風習を取り込んだ“おきなわ新喜劇”の上演など、バラエティーに富んだ公演が365日行なわれる予定。

また、「沖縄おもろおばけ屋敷」は、恐怖、驚き、緊張、笑い、感動を体験できる、これまでにないコンセプトが魅力のおばけ屋敷。木村祐一らがプロデュースに加わり、エンタテインメントとして大いに楽しめるスポットを目指す。

おばけ屋敷は沖縄三越跡地という立地を活かし、舞台を「おもろ百貨店」にした。そのストーリーは、かつての百貨店を復活させるべく、8人1グループとなってマジムンが隠した8つの石敢當(いしがんとう。沖縄の街角でよく見掛ける「魔除け」の枠割を果たすと言われている)を手に入れようというゲーム性にも富んだ内容。

2月1日、東京都内で行われた発表会見には、木村祐一、ガレッジセール・川田広樹、レイザーラモンRG、笑い飯、ですよ。、インポッシブル、セブンbyセブン、おかずクラブが出席、MCはスリムクラブと九嬢由起子が務めた。

2

MCのスリムクラブ・真栄田賢は「地元にすごく素敵な施設ができて、沖縄県民としてうれしい限り。親族も喜んでいます。家が近いんですよ。親父に“沖縄にできる劇場の仕事をさせてもらえることになった”と言ったら、“お前、えらいな。キャン×キャンを超えたよ”と言われました(笑)。一つ目標を叶えました」と喜びを表現した。

同おばけ屋敷のプロデュースを担当する木村は、「大体、おばけ屋敷は10~15分ほど楽しめるものですけど、40分くらいの所要時間がある」と説明しつつ、「国内最大級のおばけ屋敷ですけど、“最大級”というのがミソ。“最大”とは言っていません」と、キム兄らしい言葉で紹介した。

ガレッジセールの川田は、取り憑かれた従業員のマジムンを演じる。「過去、悪霊に取り憑かれたことがあるので適役。(番組のロケ中、)霊媒師さんに“あんたはこの先行かない方がいい。霊がいっぱい憑いている。しかも、位の最も低い低俗霊よ!”と言われた経験があるので、(その経験を)活かして脅かしたい!」と意気込みを見せた。

アニメーションキャラクターだけではなく、おばけ役としてもさまざまな芸人が登場予定。よしもとならではの楽しい仕掛けに期待が高まる。その後、会見会場には、“よしもとに潜む知られざるマジムン芸人”と紹介され、インポッシブル、ですよ。、おかずクラブ、レイザーラモンRGらが続々と登壇。全員で掛け合いを楽しみ、会場を笑わせた。

3

この会見は、同時に沖縄へも配信された。地元新聞社・沖縄タイムスの記者から地元・沖縄出身のセブンbyセブンに(この施設を)アピールしてほしい、と突然のオファーが。突然振られて戸惑いつつも、玉城泰拙は萩原流行のモノマネを披露。「こんなんで大丈夫ですか?」と心配そうに聞くものの、記者に「あぁ、はい。沖縄の人も楽しみにしていると思います」と冷静に返され、会場はまたもや大きな笑いに包まれた。

3月12日のオープンに向け、県内外の注目を集めそうだ。

「よしもと沖縄花月」
休み:なし
場所:HAPINAHA3階(沖縄県那覇市牧志2−2−30)
座席数:189席(立見31席 最大220名収容)
チケット料金:平日公演=前売2000円/当日2500円
       土日祝特別公演=前売2500円/当日3000円
※2月1日(日)よりチケット発売

「沖縄おもろおばけ屋敷」
休み:なし
営業時間:11:00~21:55(最終入館、予定)
場所:HAPINAHA3-6階(沖縄県那覇市牧志2−2−30)
料金:大人1500円/小学生1000円(予定)

「よしもと沖縄花月」公式サイト

「沖縄おもろおばけ屋敷」公式サイト