ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 「美景」をテーマにアリビラの各レストランが料理を創作

「美景」をテーマにアリビラの各レストランが料理を創作

2016年12月19日


「欲ばりフレンチ 」/ブラッスリー「ベルデマール」

沖縄・読谷村(よみたんそん)のリゾート「ホテル日航アリビラ-ヨミタンリゾート沖縄-」の各レストランでは、現在、「美景」をテーマに、多彩な料理を提供中。期間は2017年2月まで。

「ブラッスリー『ベルデマール』」では「欲ばりフレンチ」と題して、前菜の「パティオの噴水 蟹のガレット仕立て ジャルダン風」から始まるコース料理を提供している。


「パティオの噴水 蟹のガレット仕立て ジャルダン風」/ブラッスリー「ベルデマール」

「パティオの噴水 蟹のガレット仕立て ジャルダン風」は、濃厚でなめらかな魚介のムースの上に、蟹、セロリ、リンゴのサラダをのせ、アリビラのパティオにある噴水をイメージ。ガレット仕立ての蟹や色鮮やかな野菜で囲み、パティオの美しい緑や花を表現している。

また、「日本料理・琉球料理『佐和』」は、和と琉球を融合させた沖縄ならではの会席「和球会席」を提案。焼き物の「夕映えと木漏れ日のアリビラ」、和菓子「紅芋畑とサトウキビ畑」などが登場する。


「夕映えと木漏れ日のアリビラ」/日本料理・琉球料理「佐和」


「紅芋畑とサトウキビ畑」/日本料理・琉球料理「佐和」


「和球会席」/日本料理・琉球料理「佐和」

そして、「中国料理『金紗沙』」は、中華の高級食材と沖縄の食材を使用したコース料理「広東席」を用意。読谷村ゆかりの偉人「泰期(たいき)」(琉球王朝時代に中国との交易の礎を築いた)とともに読谷村のシンボルとなっている「進貢船(しんこうせん)」をイメージした魚料理「夕日の中の進貢船」は絶品だ。


「夕日の中の進貢船」/中国料理「金紗沙」


「広東席」/中国料理「金紗沙」

「鉄板焼『護佐丸』」は、「残波コース」を提供。読谷村にある世界遺産「座喜味城跡」の城壁をモチーフにした、風味豊かなキノコのテリーヌとトリュフムースの前菜「座喜味城跡と読谷の風景」が特徴的。


「座喜味城跡と読谷の風景」/鉄板焼「護佐丸」


「残波コース」/鉄板焼「護佐丸」

「カジュアルブッフェ『ハナハナ』」では、季節ごとに和食と世界5カ国以上のバラエティーに富んだ料理をブッフェで楽しめる。アリビラの周辺に広がるウージ(サトウキビ)畑を紅芋チップと紅芋のポテトサラダで表現した前菜「ポテトサラダ“アリビラまでのウージ畑”」、デザートの「ゆんたんざの紅芋畑」はぜひ味わいたい。


「ポテトサラダ“アリビラまでのウージ畑”」/カジュアルブッフェ「ハナハナ」


「ゆんたんざの紅芋畑」/カジュアルブッフェ「ハナハナ」


「ワールドグルメブッフェ~鍋フェア~」/カジュアルブッフェ「ハナハナ」

同ホテルの各シェフが腕によりをかけたおもてなしのメニューを堪能しよう。

「欲ばりフレンチ」
6,200円(全8品) 18:00~22:00(L.O.21:30) 「ブラッスリー『ベルデマール』」にて提供中
※2016年12月23日(金・祝)~12月25日(日)、12月30日(金)~2017年1月3日(火)は除外
※定休日は火曜日(2017年1月31日<火>まで)

「和球会席」
9,300円(全11品) 18:00~21:30(L.O.21:00) 「日本料理・琉球料理『佐和』」にて提供中

「広東席」
10,300円(全7品) 18:00~21:30(L.O.21:00) 「中国料理『金紗沙』」にて提供中
※定休日は木曜日(2017年1月26日<木>まで)

「残波コース」
12,000円(全9品) 18:00~21:30(L.O.21:00) 「鉄板焼『護佐丸』」にて提供中
※定休日は水曜日(2017年1月25日<水>まで)

「ワールドグルメブッフェ~鍋フェア~」
大人4,200円、小学生2,500円、幼児(4歳~)1,250円 18:00~21:30(L.O.21:00)
※2016年12月20日(火)~12月25日(日)、12月30日(金)~2017年1月3日(火)は除外

※上記の金額はすべて税金・サービス料10%込み

【問い合わせ】
住所:沖縄県中頭郡読谷村字儀間600
電話:098-982-9111(代表)