ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールスタイル(旅行商品) > 「星のや竹富島」であかばなを使った癒しプログラム販売中

「星のや竹富島」であかばなを使った癒しプログラム販売中

2017年11月28日

沖縄・竹富島のリゾート「星のや竹富島」では、12月1日(金)から利用できる、2泊3日の「あかばなキレイ滞在プログラム」を販売中。期間は、2018年2月28日(水)滞在分まで。

「あかばな」は、南の島を代表する花「ハイビスカス」を指す。冬でも平均気温20度前後という温暖な亜熱帯気候の竹富島では、年間を通して咲いている。

今回の商品は、自然豊かな竹富島の中でも、最も島民に親しまれている「あかばな」をテーマにしたスパ滞在プログラム。

250もの種類があるハイビスカスは、南国の太陽の恵みを受け、近年では美容商品やドリンクにも使用されている。沖縄本島や竹富島の暮らしの中では、洗髪剤や石鹸としての役割を担い、古くから美容用途でも利用されてきた。ビタミン、クエン酸やミネラルを豊富に含み、竹富島の暮らしに溶け込んで女性の美しさを引き出し続けている。

「あかばなキレイ滞在プログラム」では、滞在中2回のスパトリートメントが無料に。到着後、寒い冬の季節に固まっている身体をほぐすような施術をし、最終日は、あかばなをふんだんに取り入れた「花の誘い」メニューを体験する。

あかばな種子を使ったフェイスマスクや、あかばなの足湯を組み合わせることで、花に包まれる至福のスパ体験が楽しめる。

また、滞在する部屋に、施設内でその日に摘んだ新鮮なあかばなを用意。バスタブに花弁を浮かべ、風吹き渡る開放的な客室で、南国らしいフラワーバスを楽しもう。フラワーバスをより楽しめるような「あかばなアメニティー」が用意されているのもうれしい。

さらに、料理は「花の畑人(はるさー)ブランチ」を提供。「畑人」は、沖縄の言葉で「畑で働く人」を意味する。竹富島の野菜をベースに、花の要素を加えた、特製畑人ブランチとなっている。

あかばなをイメージした桃色のパスタは、ビーツを使い、あかばなの塩で味付けされている。地元の野菜を使ったサラダは、色とりどりのエディブルフラワーで彩られるなど、目でも花を感じることができる。

「あかばな」を主軸にした滞在プログラムで日々の疲れを癒そう。

「あかばなキレイ滞在プログラム」
2017年12月1日(金)~2018年2月28日(水) 46,500円(税・サービス料、宿泊料、食事代別) 沖縄・竹富島
※除外日:2017年12月23日(土)〜2018年1月7日(日)、2018年1月13日(土)~1月20日(土)
【料金に含まれるもの】
コンサルテーション、トリートメント(2回)、はるさーブランチ(1回)、ハイビスカスアメニティ、フラワーバス(1回)よんなー深呼吸(1回)、水牛車観光(1回)
※朝食、夕食はオプション

【滞在スケジュール例】
<1日目>
14:00 チェックイン
15:00 スパトリートメント
18:00 夕食(別料金)
21:00 フラワーバスタイム
<2日目>
6:30 よんなー深呼吸
7:00 朝食(別料金)
9:45 ミンサー織り体験(オプション)
12:00 あかばな畑人ブランチ
18:00 夕食(別料金)
<3日目>
7:00 スパトリートメント
8:00 水牛車観光
9:30 朝食(別料金)
12:00 チェックアウト