ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールスタイル(旅行商品) > 伊平屋島でのんびり1泊2日で稲刈り&島内観光の旅へ

伊平屋島でのんびり1泊2日で稲刈り&島内観光の旅へ

2014年7月2日

20140626195627645_0001(変換後)

沖縄県内や海外でさまざまなツアーを展開する国際旅行社は、7月12日(土)、13日(日)の2日間、親子で伊平屋島の稲刈りを体験する1泊2日のツアー「伊平屋島、稲刈り体験1泊2日のたび」を企画し、予約を受け付けている。

伊平屋島は、沖縄の言葉で“太陽”や“太陽神”を表す“てるしの島”と呼ばれている離島。沖縄本島北部の運天港からフェリーで約80分の距離にある。同島はサトウキビと稲作が盛んで、八重山地方に次いで2番目の生産高を誇る。

当日は11時運天港発のフェリーに乗船。船内で昼食を摂り、到着後、すぐに稲刈りを体験。1時間ほど稲刈りをした後は、島内観光へ。エメラルドグリーンの海が広がる米崎海岸と野甫大橋のほか、約260年とも言われる樹齢を誇る念頭平松、天照大神の天の岩戸伝説の場所と唱えられているクマヤ洞窟、伊平屋村歴史博物館、虎の頭の形をした岩・虎頭岩(とらずいわ)を巡る。

念頭平松

念頭平松

クマヤ洞窟

クマヤ洞窟

ホテルに1泊し、2日目は13時発のフェリーまで自由時間となり、のんびりするもよし、魚釣りや海水浴に興ずるもよし、思い思いに“島時間”を過ごすことができる。

運天港までのバスは、南部の那覇・小禄、久茂地をはじめ、首里、中部の普天間などさまざまな場所からアクセスできるので、気軽に伊平屋島の歴史や文化を学ぶ旅に出てみよう。

「伊平屋島、稲刈り体験1泊2日のたび」
2014年7月12日(土)〜7月13日(日)で実施(20名様より出発保証)

【料金】
ホテル2名部屋利用の場合
大人(12歳以上)20800円/小人(6〜11歳)17800円/幼児設定なし(0〜2歳までは500円)
ホテル3名部屋利用の場合
大人(12歳以上)19800円円/小人(6〜11歳)16800円/幼児7980円(0〜2歳までは500円)

【宿泊先】
松金ホテル
沖縄県島尻郡伊平屋村字我喜屋2135-27
(0980-46-2282)

【運天港までのバス乗車場所】
7:30 阿波根バス停
7:45 モノレール小禄駅バス停
7:55 パレットくもじバス停
8:10 モノレール首里駅バス停
8:20 領事館前バス停
8:30 中部商業前バス停
8:40 普天間バス停
8:50 プラザハウス前バス停
9:00 中之町バス停

【問い合わせ】
098-864-5931(国際旅行社本社)
098-897-5931(国際旅行社宜野湾)
0980-82-5931(国際旅行社八重山)
0980-52-0065(国際旅行社名護)

「国際旅行社」公式サイト