ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールスタイル(旅行商品) > イチハナリアートプロジェクトとうるま市をゆるりと堪能できるツアーが発売中

イチハナリアートプロジェクトとうるま市をゆるりと堪能できるツアーが発売中

2014年8月19日

__Its-nas_共有フォルダ_企画事業(ツアー関係)_【県内】_企画中_夏休みイチハナリアート_うるま市満喫日帰りツアー 2(変換後)

国内外の旅行プランを造成する国際旅行社は、現在、沖縄・うるま市の伊計島で開催中のアートイベント「イチハナリアートプロジェクト」が楽しめるツアー「うるま市観光物産協会協力 モニター企画!うるま市満喫日帰りツアー!〜伊計島イチハナリアートプロジェクト&勝連城跡と浜比嘉島散策〜」を販売中(大人3980円、小人3480円、幼児[3〜5歳]1000円、幼児[0〜2歳]500円※幼児は食事なし)。開催日は、8月24日(日)と9月7日(日)の2日間。

「イチハナリアートプロジェクト」は、伊計島にある廃校になった校舎と集落内を展示会場に見立てたアートイベント。1回目のツアー開催日となっている8月24日は、同イベントの前期の最終日。前期は主に沖縄県在住の作家たち、8月30日(土)からスタートする後期は「日本こうさく学研究会」を中心とした作家の作品を展示する。

ツアーでは、まず、8:00に糸満・阿波根(あはごん)を出発したバスが各地のバス停を経由し、世界遺産・勝連城跡に到着。

15世紀頃に同地を治めていた按司・阿麻和利(あまわり)の居城として栄えた曲線が美しい城壁の中を散策した後は、宮城島の潮「ぬちまーす」の工場を見学する。

その後、昼食はもずく生産が日本一のうるま市が誇るご当地グルメ・「うるまもずくチャンプルー丼」を堪能。

午後はゆっくりと「イチハナリアートプロジェクト」を楽しめるツアーとなっている。

うら(変換後)

しかも、それだけでなく、その後も楽しみが。“神の島”と言われる浜比嘉島で、琉球開闢(かいびゃく)の祖神の墓・アマミチューを見学。海中道路にある「海の駅 あやはし館」にてショッピングも楽しめる内容になっている。

人気のイチハナリアートプロジェクトと、うるま市を満喫できるこの日帰りツアー。糸満市、那覇市、浦添市、宜野湾市、沖縄市の各市を経由するので、車がなくても気軽に楽しめる。

「うるま市観光物産協会協力 モニター企画!うるま市満喫日帰りツアー!〜伊計島イチハナリアートプロジェクト&勝連城跡と浜比嘉島散策〜」
発売中 大人3980円、小人3480円、幼児[3〜5歳]1000円、幼児[0〜2歳]500円
※幼児は食事なし

【申し込み・問い合わせ】
098-864-5931(国際旅行社本社)
098-897-5931(国際旅行社宜野湾)
0980-82-5931(国際旅行社八重山)
0980-52-0065(国際旅行社名護)

【バス停時刻表】
8:00 糸満市・阿波根バス停(かみやクリニック向かい)
8:20 那覇市・小禄駅バス停(ジャスコ前)
8:35 那覇市・県庁北口(パレットくもじ前)
8:40 那覇市・泊高橋(とまりん前)
8:55 那覇市・那覇インター(首里向け)

9:00 那覇市・首里駅バス停(西原向け・ファミリーマート側)

9:15 浦添市・総領事館前(バークレーズコート側)

9:20 宜野湾市・中部商業高校前(国道330号線沿い、普天間向き)
9:30 宜野湾市・普天間バス停(普天間高校正面真向い)
9:40 沖縄市・プラザハウス前(プラザハウス真向い)

9:45 沖縄市・中の町(「メガネ一番」近く・胡屋十字路向け)
9:55 沖縄市・農民研修センター(沖縄IC北向け)
〜解散の目安 那覇市・県庁北口 18:00〜18:30ごろ