ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > HYの名嘉俊が物語と絵を初めて自身が手掛けた絵本を発売

HYの名嘉俊が物語と絵を初めて自身が手掛けた絵本を発売

2022年4月7日

沖縄出身のバンド・HYの名嘉俊が、このたび、絵本「バードランド」(主婦の友)を発売した。

名嘉は全国的に人気のHYのドラムを担当するミュージシャン。本書は、そんな名嘉が物語と絵を初めて手掛けた絵本で、南の島に暮らす鳥たちの冒険と成長を描いている。

名嘉俊

物語の主人公は、卵の中にいたときに雷に合い、親鳥と離れ離れになったタノ。どんな境遇でも前向きで、行く先々でさまざまな鳥や動物と出合い、自然の厳しさと戦いながら、自分らしさとは何か、仲間とは何かを見つけていく、感動の成長ストーリーに仕上がっている。

名嘉が絵本を描こうと思ったきっかけは、音楽以外でも何か作品を残したいという思いから。もともと絵本が大好きだったこともあり、2008年ごろから絵の勉強を始め、指導者から「描くものをよく見ることが大事」といわれ、音楽活動の傍ら、時間を見つけては車を走らせ、沖縄の自然を見に行ったり、動物園へ行ったりして絵を描き続けてきた。

さらに、物語の内容には、名嘉が恩師からいわれた言葉が影響している。「自分の将来の夢に悩み、大人の意見に振り回されていた中で『俊は何にでもなれる。だから好きなことを頑張りなさい』という言葉を先生がかけてくれました。だからこそ、今の自分があるんです」という。

絵本の9割が車内で仕上げられた

HYメンバーに絵を披露する名嘉

HYは、以前から沖縄の自然や伝統を未来に残すための、SDGsの活動を続けている。音楽や創作活動、ビーチクリーン活動などを通じて発信していく中で、今回の絵本の出版にもつながった。

「沖縄というと海の美しさを想像されると思いますが、森もとても美しいんです。それをこの絵本で伝えたかった」という名嘉の気持ちも強く込められている。

絵本にはHYメンバーからの応援メッセージも掲載。さらに、名嘉が作詞作曲した「singing singing」収容のCDも付く。「あなたはあなた。何にでもなれるし、あなたのままでいいんだよ」というオンリーワンのメッセージを体験しよう。

「バードランド(特別付録CD付き・「singing singing」)」
2022年3月28日(月) 4,180円(税込) 主婦の友社