ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 「ちむどんどん」に登場した料理がレシピブックに!

「ちむどんどん」に登場した料理がレシピブックに!

2022年6月2日

沖縄が舞台のドラマ「連続テレビ小説『ちむどんどん』」に登場する料理のレシピを集めたムック本「NHK連続テレビ小説 ちむどんどんレシピブック」(NHK出版)が、5月27日に発売された。

「ちむどんどん」は、個性豊かな沖縄の四兄妹の中で支え合いながら育った主人公・比嘉暢子が、沖縄の料理に夢を懸ける姿を描くヒューマンドラマ。

物語は、アメリカ軍の統治下にある1960年代の沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれるエリアから始まる。やんばるに暮らす比嘉家の長女・暢子は、高校卒業を機に「東京に行きたい。西洋料理のシェフになりたい!」と夢を抱き、東京に渡って念願の有名レストランの厨房で修業を開始する。

暢子のペペロンチーノ

沖縄そば

同書は、ヒロイン・暢子が作る沖縄料理、イタリア料理、暢子のアイデア料理から選りすぐりの絶品料理を紹介。レシピにはドラマの描写を添え、料理が登場した印象的なシーンも一緒に味わえる1冊となっている。ほか、また、暢子が子供の頃からつけている「おいしいものノート」も公開。

ゴーヤーチャンプルー

料理は、暢子が自分の進路を決めるカギとなった「やんばるナポリタン」、東京の料理店「アッラ・フォンターナ」への入店試験で合格を勝ち取った「パンチェッタ沖縄そば」、オーナー・房子(原田美枝子)との「ペペロンチーノ対決」で作った「暢子のペペロンチーノ」「房子の丸ごとにんにくのペペロンチーノ」、そして、お父ちゃんから教わった、手打ち麺の「沖縄そば」、比嘉家の定番料理「ゴーヤーチャンプルー」「フーチャンプルー」「ソーミンチャンプルー」などが掲載されている。

やんばるナポリタン

焦がしはちみつと赤ワインビネガーのカルパッチョ

ドラマでも料理監修を務めるオカズデザインが考案した、見た目とおいしさを兼ね備えた絶品レシピ。ドラマのシーンを思い出して一緒に味わおう。

「NHK連続テレビ小説 ちむどんどんレシピブック」
2022年5⽉27日(金)発売 1,320円(税込) NHK出版