ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 井浦新と黒島結菜がJTの新CMで初共演

井浦新と黒島結菜がJTの新CMで初共演

2022年6月8日

「ひといき習慣・マニフェスト」篇

俳優・井浦新と沖縄出身の女優・黒島結菜が出演するJTの企業CM「ひといき習慣」シリーズが、6月8日(水)から全国で放映される。

新CMでは、オンとオフの境界が曖昧になり、自分のリズムを保つことが難しくなった現代、忙しい日々の合間にも意識的に「ひといき」を取ることで、毎日をもっと心豊かに過ごしてほしいという思いを表現している。

出演は、井浦と黒島。6月8日から放映する「ひといき習慣・マニフェスト」篇では「ひといき習慣」の大切さを伝えると共に、「いいひといき」を通して自分らしさを取り戻す人の姿を描く。

「ひといき習慣・マニフェスト」篇

「ひといき習慣・マニフェスト」篇

また、後日、続編として「いいひといきの取り方」を紹介する「ひといき習慣#1ひとり時間をつくる」篇、「ひといき習慣#2プチ日光浴」篇を放映予定。

「ひといき習慣・マニフェスト」篇では、井浦と黒島はそれぞれ会社の上司と部下役で出演。オンとオフが曖昧になった忙しい日々の合間にも、意識的に「ひといき」を取り、自分のリズムを取り戻して前向きな気持ちになる様子を描く。

「ひといき習慣・マニフェスト」篇

「ひといき習慣・マニフェスト」篇

「ひといき習慣・マニフェスト」篇

川沿いの撮影現場は、かつて井浦がドライブで訪れた場所と一致する偶然も。撮影前には「夜に車でここに来て、あのあたりに座って、ゆっくり水辺を見ていたことを覚えています。懐かしい」と思い出話を。

撮影の合間には、2人の共通の趣味である息抜きのカメラについてトークを展開。学生時代に、写真について学んだ黒島に井浦が質問を投げ掛け、おすすめの機種に関する情報交換をするなど、本物の上司と部下のように和気あいあいとしたコミュニケーションが見られた。

撮影が終わると、井浦はマイカメラを手に取り、春の川と船の風景を写真に収めるなど、ひとときの休息時間を思うままに楽しんだ。

また、「ひといき習慣#1ひとり時間をつくる」篇、「ひといき習慣#2プチ日光浴」篇では、井浦が自分の時間をつくってベンチでくつろいだり、カーテンを開けてプチ日光浴をしたり、具体的なひといきのつき方を実践して、自分のリズムを整える姿を描く。

「ひといき習慣#1ひとり時間をつくる」篇

「ひといき習慣#1ひとり時間をつくる」篇

「ひといき習慣#1ひとり時間をつくる」篇

「ひといき習慣#1ひとり時間をつくる」篇

「ひといき習慣#1ひとり時間をつくる」篇

「ひといき習慣#1ひとり時間をつくる」篇

「ひといき習慣#2プチ日光浴」篇のシーンが撮影されたオフィス街の撮影現場では、早朝の初共演シーンだったにも関わらず、黒島は「伸び、しちゃいましょう!」とハツラツとした様子で井浦に伸びポーズを披露。撮影現場も明るい雰囲気に包まれた。

「ひといき習慣#2プチ日光浴」篇

「ひといき習慣#2プチ日光浴」篇

「ひといき習慣#2プチ日光浴」篇

「ひといき習慣#2プチ日光浴」篇

「ひといき習慣#2プチ日光浴」篇

多忙な日々の中で、自分のリズムを崩さないように取り入れている「ひといき」について、井浦は「1日の時間の移ろいを感じることは意識しています。太陽が昇るちょっと前の暁時と、日の入りの黄昏時の2つの時間が好きで、どんなに忙しくても空を見て感じようと心掛けています」とコメント。

一方、黒島は「イヌとの散歩です。朝と夕方に1日2回行くんですけど、朝ちょっとでも早く起きてイヌの散歩に30分行くと、ちゃんと人間として生活している感じを実感して、リラックスできるんです。朝起きて太陽の光を浴びて、毎日の中での地球の変化を感じるっていうのはすごく大事だなって思っています」と、自分なりの「ひといき」について語った。

さらに、今回の撮影を通して、新しく取り入れてみたいと思った「ひといき習慣」について、井浦は「東京での夜釣りです。僕は地方に行くと必ず釣りをするのですが、東京で釣りってしたことないんです。東京の生活になるときっと優先順位が入れ替わって、釣りの前にしないといけないことをしていたからだと思います。東京で夜釣りがしたいなとうずうずしていたので、ぜひやってみたいです」と告白。

黒島は「ゴルフですね。この前友人に誘われて打ちっぱなしに行ってみたのですが、すごく自分に合っていて。集中して無心になって、クラブがボールにパーンと当たると気持ち良くて、とてもいい息抜きになったんです。今はそれを自然の中で体験したいと思っていて、春からはゴルフを始めたいですね」と胸の内を明かした。

初共演とは思えない2人の自然体の掛け合いに注目だ。